スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

聖人の殺傷能力

人を切り捨てること。
最近こればかりで申し訳ない。
なんとなくこれにフォーカスを合わせていれば
何かが見えてきそうな気がして。


聖人とは何だろう。
僕の中では聖人とは「正しいことができる人」というより、
「正しいことがわかる人」だという印象が強い。
ではその人達の頭の中はどうなっているのだろう。
何を見、何を感じながら日々生きているのか。

「聖人」とわざわざ言うくらいだから
それは俗人とは違うということを表している。
そして聖人はごく限られた人々であるというのが万人に共通の理解だろう。
だとすればそんな聖人の目に世の人は、世の中はどう映るのだろう。

あれも違う、これも間違い、それも正しくない。
世の中は間違いだらけだ。
なぜなら正しいことがわかるのがごく少数の人達だけなのだから。

過ちにも色々あるだろう。
過失のもの。悪意のあるもの。やむにやまれずなされたもの。
正しいとの思い込みでなされたもの。正しいことがわからずなされたもの。
そもそも正しいことがわからないということ自体が既に過ちですらある。

ということは(少なくとも)聖人以外の人々は皆過ちを犯している。
聖人にとっては「皆間違っている」という認識を持つのが当然だ。
果たしてそんな世界の中で生きる聖人に楽しみはあるのだろうか。

「自分以外の皆が間違っている」中で、
聖人はあの人を見ては批判し、あの世相に触れては批判する。
・・・僕から見れば切り捨ての常習犯だ。
聖人になればなるほど、人斬りのベテランになっていく。

間違っているものを切っていけばあとに残るのは正しいものだけ。
というよりほぼ自分だけだろう。
自分一人だけの世界。
間違ったものを切り捨てて出来上がった正しい世界。
そんな世界で生きるのは楽しいのだろうか。
本当にそれが聖人のあり方なのだろうか。
人類史上最高の聖人と言ってもいいだろう、釈迦もキリストも、
果たしてそんな人物だったのか?
人類史上最高の人斬りだったのか?

少なくとも僕が憧れ目指していた聖人というものの正体はそういうものだったのだ。

いや、聖人は人を批判しているのではなく、人を教え諭し、過ちには嘆き悲しみ憂い、
世の中を善い方へと導いているのだ、という意見もあるだろう。
しかし僕にはどうも世の中で「聖人」と定義される人は
皆独善の刃を隠しているように見えるし、
僕自身の聖人の定義もそうなっているし、
僕の「理想の自分の姿」もそうなっている。
そのことは僕にとっては重すぎるくらいに重い。
関連記事
スポンサーサイト
固定観念を壊す | コメント(5) | トラックバック(0) | 2013/08/26 18:26

精進

僕には嫌いなものがありすぎる。
外の嫌いなものを切り捨て
内の嫌いなものも切り捨てる。

理想主義者は人を斬るのを常とする。
物事の正誤にこだわる者も同じく。
正義漢もまた。

“反面教師”
“人の振り見て我が振り直せ”
という言葉があるが、
それらは実は人斬りの勧めでもある。

“美学”“モットー”“誇り”
それらの裏には我が潜んでいる。

“自分はこういう生き方をする”
“ああいうことはしない”
その言葉が人を斬り捨てるものであることに気付きはしない。
“そういうことをする人”を斬り捨てたことに気が付いていない。

“誰かの過ちを自分が繰り返さないことがその人の供養になる”
それは確かに優しさだ。
だがそれは人斬りの持つ優しさだ。
僕は人が人斬りに落ちる前の優しさの方が美しいと思う。

我はなぜ悪いのか。
それは人を斬り捨てるからだ。
ではなぜ人を斬るのが悪いのか。
悪いと感じるから悪いのだとしか言いようがない。
絶対的な善悪になど大した価値はない。
反省と懺悔は違う。
反省には改善の意志があるが、懺悔に改善の意志はない。
ただ悪いことを悪いと思うだけ。

僕は己の悪いところを見、それを嫌う。
“そうではない自分”になろうとする。
そして周りの人皆斬りつける。
僕に懺悔はない。

関連記事
我(ガ) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/08/20 21:17

私はお客さま

どうせ生きるなら苦しむよりも楽しく生きたい。
笑って過ごしたい。
現に今自分は生きているのだから、
それをなるべく充実したものにしたい。
良いものにしたい。

そういう意見がある。
でも、諦めがないか。
生の一番初めの部分で妥協している。
ような気がする。
それでは生死の奴隷ではないか。

生死というこの事実は何をどう頑張ってみたところで変わるものではない。
自分が意志を持つ以前から厳然と存在していたもの。
だからもうそれは諦めて前を向こう。
受け入れてこの瞬間を大切にしよう。

―納得できる考え方だ。
惹かれもする。勇気も与えてくれる。
現に僕もそれを目指していた。
でもこれでは主体性がないではないか。

人間の真ん中が空虚なのは最初に自己を譲歩したからではないか。
譲りたくない。
生が自分よりも先にあって、それをどうこうするのではなく、
まず自分が、生きる。
自ら生き、自ら死ぬ、といえるものを掴みたい。

生と死は己の意志とは関係なく向こうからやってくる。
こちらの思惑の範疇を完全に越えている。
だからまずはそれを受け入れて、
その上でそれをどういうものにしていくか、
良いものにするか、悪いものにするか、それは自分次第である。

そう言う人はいる。
それは確かに正しい。
でも僕はそれが嫌になった。

・・・・・・
ふと気が付けば自分は電車に乗っていた。
いつの間にか発車し、発車した以上はやがてどこかに行き着くのだろう。
周りの人もそう言っていたしそうなのだろう。

さて、これから何をしよう。
終点に着くまでの間、何をして過ごそう。
車内を走ってみたところで到着時刻は変わらない。
それなら、もっと有意義なことをして過ごそう。
トランプでもするか。いや、携帯ゲームでもするか。
寝て過ごすのは時間の無駄遣いだ。
そうだ、どうせやるならもっとためになることをしよう。
勉強でもするか、思索にでもふけるか。
いや、やはりここは人と触れ合おう。
見知らぬ隣人と話そう。
ついでに何か善いことをする機会があれば積極的にしていこう。
ああ、それでも時間が余ったらどうしよう。
そのときはやはり寝て過ごすのもありか。

・・・・・・
これは乗客の思考。
客であって、主人ではない。
ただ運ばれるのを待つだけの人。
「待ち時間」をどれだけ有効に使おうと、
またどう使うべきかを議論しようと、
ただ運ばれているだけであることに変わりはない。
客の発想でスタートしたからだ。
「客」としてどうすべきか、と。
運転席には座ろうとしない。
たとえ言うことをきかない代物であったとしても。

無意識の内に主人であることを諦め、
己が客でありながら客であることに気が付いていない。
客として見る車内の景色と、運転手として見る車外の景色は全く異なるものだろう。
客が「車外」と思って見ている景色は実は「車内」の景色に過ぎないのだ。

待ち時間をどう使うかについて優れた見識を持っている人を尊敬していた。
とりわけ「正しい人」「下卑てない人」「短絡的でない人」を。
でもただの客であるなら、いかに優れた人物でも
別に偉くもないしカッコ良くもない。
たとえそれが聖人であったとしても。

客にも品格の差はあるだろう。優劣もある。
だがそんなことは大したことではない。
「客」とひとまとめにしてしまっても差し支えはない。
なぜなら己の人生だというのに自己を譲歩してしまったのだから。

これは客への断罪ではない。
むしろ自分自身の懺悔だ。
懺悔したからといって罪が過去の罪となるわけではない。
今の罪であり続ける。
下界を見下ろしてその俗っぽさを嘆いているのではない。
下界の中にいて、その中の聖も俗も共に罪人であることを懺悔している。

いつかは「自ら生まれてきた」という冗談を言えるくらいにはなりたい。
関連記事
人生観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/08/04 16:01
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。