スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ネガティブと縁を切る

只今絶賛ネガティブ断ち切りキャンペーン中。
ネガティブな考えとの縁を断ち切ろうと奮闘してる。
断ち切るっていうとあんまり穏やかではないけども。

いつだったか、「人間関係を切り捨てる」というような記事を書いた記憶がある。
今思い返してもあれは間違いではないと思う。
あそこで言いたかったのを今言うとするなら、「ネガティブと縁を切る」ということになる。

僕はもともと日向よりも日陰の方へ意識が向きやすい人間だと思う。
少数派の意見とか人々とか。メジャーよりもマイナー。
だからニュースで事件の報道を見ると、被害者にももちろん同情するけど、
それよりも先に加害者の方に、「ああ、やってしまったか。なんとか思い留まれなかったか」と
こちらにより同情する。これからその罪を背負っていかなくてはならないのだから。
それは可哀想な人を放っておけないということでもある。

だから、ネガティブなものに対して「縁を切る」なんて言うと、なんとなく弱者を切り捨てているようだし、
「弱い者が悪い」と言っているような気さえするけど、別にそういうことじゃない。
「可哀想な人を放っておけない」というこの心は本当に優しさからくるものなのか、というそこの意見の転換。

弱者を放っておいていいのか?
メジャーなものにだけ目を向けていて、それは果たしてフェアな視点なのか?
何かしら手を差し伸べてあげるべきじゃないのか?少なくともそうしようと努力すべきではないのか?
というこの圧迫感。
この圧迫感で、動く。やむにやまれず、手を差し伸べる。

が、これはただこの圧迫感に引きずられているだけなのだ。言ってしまえば自らが作った思い込みに。

段々書くのが面倒になってきたから端折るけど、
引きずられるのは自己が曖昧だから。
自己が自己であることに安心できないから、いつも周りに引きずられて生きている。
周りに合わせて。
「だって、世間に合わせないと生きていけないじゃないか」
この声が一番厄介な声だと思う。
でもこれは戯言なのだ。極めてもっともらしく思えるだけの戯言。
本当は世間なんてない。あるのは自分の頭の中にある世間という名の概念。
自分で作った概念に引っ張られて自己をお留守にする。

この圧迫感を断ち切る。
勝手にやっておけと見放す。やめさせるのではなく、やらせておく。

ネガティブな感情が出てくるなら、それが出るだけの理由があるのだろうし、
そうして確かに出てきたものを押し込めて無視するのは良くない。
って考えがち。特に僕なんかは心理学をかじったからより一層。
でも、こいつの言うことに耳を傾けてはいけないのだ。
聞かないのではない。聞き流す。
でも、基本的には「お前には用はない」というスタンス。

成仏させるのと同じスタンス(笑)
「君がいつまでもここにいるのは間違っている。だから早く成仏しなさい。
僕は君には用はない」

君がいようといなかろうと、世界は存在している。
君のいる世界も美しいが、君のいない世界も美しい。
だから、無駄なことはもうやめなさい。

ここでなぜ「だから」になるのかの説明が難しいところではあるが。
何をやってもいいのだが、だからこそ無駄なことをしてもしょうがないだろう?というニュアンス。
このスタイリッシュな智慧。
本当の優しさというのはこういう智慧から出てくるものだろう。
引きずられて出させられてるそれは優しさではない。

という風に考えてるんだけど、結局どうなのだろう(笑)
関連記事
スポンサーサイト
人生観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/27 21:54

余裕

僕が人生を楽しめなくなったのは、日常の欺瞞に気付いたからではなく、
単に精神的に余裕を持てなくなったからに過ぎないのだ。
関連記事
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/13 14:41

こっそり復帰

…さて(笑)
誰も見てないところでこっそり更新。
前回書いたのはなんと2月!1年近く放置していたのか。

更新しなくなったのには理由はない。
しないでおこうと思ったわけではなく、ただいつの間にかしなくなった、という感じ。
なんで更新しなくなったのかについては特に気にしていなかったんだけれども、
最近になってこれが理由かなと思うようになったことはある。

「自分の考えを書く」というこの行為が嫌になったんだろう。
それは、「なんだか気が進まない」という程度の漠然としたものではあったのだけど。

「自分の考えを書きたい」と思って始めたこのブログ。
でも、いつの間にか「自分の考えを書きたくない」というまったく正反対の価値観を持つようになり、
長らく放置する羽目になってしまった。

じゃあ、なんで書きたくなくなったのか――
それが「自分」を生かすことになるから。

この辺についてはちゃんと書きたいと思うけど、どうやら今はあまりそういう気分ではないから、
また今度にしておこう。
書こうとしたけど、あまり整理ができていないことだから、気分が乗らないと書けないみたい。

とりあえずこれだけ書いとこう。
僕はここ最近、この自分というもの、この人生というもの、この世界というものを見限ることにした。
この「自分」という奴、こいつを生かしておいてはいけない。
生命というものをエネルギーとして捉えるなら、この営みはかなりのエネルギーの浪費だろう。

本当のところ、こうやって自分の考えを文章にするということは、
よっぽど気をつけないとその無駄な浪費というやつになる。
事実、多分今なってる。
それでも、一応やめると決断したからなのか、まあいいかなという軽い気持ちで書いてしまった。

更新を怠っていた間、色々考え方が変わったところがあるから、またちょっとずつ書いていこうかなと思う。
(書いてみて改めて実感したけど、なんでこんなに幼い文章しか書けないんだろう…)
関連記事
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/12 22:10
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。