スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

あげる

久しぶりの更新だというのに、一度書いたらさらに書きたくなることが出てきて
ちょっと面白い。

今までの僕は自分がどう見られるのかを大きく気にしてたんだなぁ。
言葉というものは自分を装飾する飾りのようなもの。
話の内容やそこから伝わる僕の人生観、思想みたいなものもそう。
全部僕を表す。
だから気を遣っていた。

自分を大きく見せたい気持ちもあるけど、それよりももっと気になっていたのは
僕を誤解しないでほしいということ。
わかってほしい。

自分って大事だもんね。
その自分って関係性の中でしか実感できない。
人に認めてもらうことでしか実感できない。
人がいてくれないことには。

ずっと、僕を見て!僕を見て!って言ってた気がする。
恥ずかしい。

おかしな文章書くと恥ずかしいなって気にしてたけど、
おかしな文章でも人に伝わることもある。
きちんとした文章でないと伝わらないと思ってたのは、
本当には相手に伝える気がなかったから。
ただ見せたかっただけ。

人に教えてあげたり助けてあげたりするには、それなりのものを持たないといけないと思ってた。
資格が必要なのだと。
あげられるだけのものを手に入れていないなら、あげようとすべきではないと。
でも、僕が持っているだけのものは与えられる。
その値打ちは知らない。
僕が持っている以上でも以下でもない。
持っているだけのものはあげられる。(だから人からももらえる。)

二十歳の頃の僕は、もっと自信家だったよ。
明確に、こういう人にこれを伝えたいっていうのがあった。
でもいつからか自信をなくし、というか自分というものそのものが揺らぎ、
誰にも何も伝えられなくなった。
それでも日々思うことはあるからブログとかにこっそり書いたりしてた。
ひとりごとっていう形で。
日記をネット上に書いておきますから、よければ見て下さい。
で、密かに誰かのためになれればいいなという狙いもあったり。
とりあえずばら撒いておきますからあとはもうおまかせします、という。

そろそろ変えどきなのかな。こういうスタイル。
だってもう自分を見せる必要はないって思い始めてるもん。
自分の言いたいことを自分のために言うのではなく、
誰かに伝えたいことをその人のために言いたい。
言葉が稚拙だろうが内容が未熟だろうがそこはもう気にしないよ。
相手が喜んでくれたら嬉しいし、そうでなくてもあまりがっかりはしたくない。
こう言うとまるで善人の言葉のようだけど、
言ってること自体はごくごく当たり前のこと。

本当のことを言うと、あげようとしなくてもいつもあげてるんだと思う。
でも意図をもってあげようとしたら、もっと素敵だと思う。
関連記事
スポンサーサイト
他者 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/24 23:06

言葉

人に伝わる言葉を使わないといけないなぁ。
他人に対しては人一倍気を遣う方だと思う。
でも優しくはない。
人からはよく優しいと言われるけど、自分では決してそんなことはないと思ってた。
他人を気にする言葉は使ってたけど、他人を思いやる言葉は使ってなかったかなぁ。

最近、自分の思ってることを以前よりも話すようになった。
どうせ通じないと思って隠してたようなことも。
でもただ話すだけじゃなくて、ちゃんと相手に渡さないとね。

今まで気にしていたのは、自分の言葉がきちんと受け取ってもらえるかどうか。
自分のことを誤解してほしくなかった。きちんと受け取ってほしかった。
だからきちんと話すことだけを考えてしゃべっていた。
自分の中だけの整合性。
でも自分の口から出た言葉はもう自分のものじゃないから、
相手の中でその言葉が生命を持ってくれるような気持ちで話さないと。
まあちょっと大げさな気もするけど。

簡単に言えば、今まではただ吐き出したいだけだったんだね。
中心にはいつも自分があった。
でもよくよく考えれば自分なんかどうでもいいから、
なるべく相手に喜んでもらえるように話そう。
そうして話そうとするとだいぶ話し方が変わってくると思う。
これには訓練が必要だ。
中々難しそう。今も誰のことも思いやれてないから。
届けたいと思う対象を持たないからだな。
その辺のビジョンもうちょっとシャープにしていこう。
関連記事
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/24 22:23

富める者

富める者でなくては与えられないと思っていたよ。
僕は貧者だ。
何も与えられない。
むしろこんなにも飢えてる僕の方に施しがほしいくらいだ。
足りない足りない。苦しい苦しい。どうすれば明かりが見えるのか。
一体どこに明かりが。もう無理なのか。やっぱりもう無理なのか。
でも諦められない。諦めきれない。
こんなとこで終わりたくない。でももう嫌だよ。
なんでこんなことになったかなぁ。
天でも神でも何でもいいよ、なんでこんな人生になったの?
なんでこんな辛い思いをしないといけないの?
これに耐えることに意味はあるの?
意味がないならさっさともう終わりたい。
だから応えてくれ。なぜ何も言ってくれない。
欲しい欲しい。助けが欲しい。
でもどうせ誰にも僕は救えない。
自分でなんとかするしかない。
苦しいよ、どうすればいいの?
どうすれば楽になれるの?

貧者だ。

飢えて飢えてひもじくて仕方がなかった。
こんな自分に与えられる物なんてないと思ってた。
そんな発想すらなかった。
ただでさえ足りないと思ってるのに、与えたら空っぽになってしまう。

でも空っぽになったらいいんだよ。
空っぽになっても与えられるものはある。

僕がいる。

僕がいるということを与えられる。
それは自分で手にしたものじゃないから失いようがないのだ。
何かをして手に入れたものじゃないから取られる心配もないのだ。
心配とも不安とも無縁のもの。

僕がいるということを与えればいい。
世界に。隣人に。
ただ隣にいるだけの人であればいい。
みんな既にそうであるように。

貧しいと思うから貧しくなる。
裕福だと思えばいくらでも裕福になれる。
それはものすごく単純なことのような気がする。
関連記事
人間観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/24 21:54
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。