スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

泣いてあげよう

ブログにのせる日記のストックが減ってきたから
日記を読み返した。

そこに日記を書き綴っている自分がふと他人のように思え、
その健気に頑張って生きている姿が
妙に愛おしくて、切ない気分になった。

この人を供養してあげよう、そう思った。
この人のために泣いてあげよう。

健気に生きている。
目の前に現れるものに流され
心を乱され
やっと浮き上がったかと思うと
次の瞬間には沈み込み
人生を諦めたと何度も言いながらも
それでも偶然ここまできたこの人。

神に出会わなければとても生きてはいけないのに
どうしても神がわからなかったこの人。

誰にも守ってもらえないと思いながら生きていたこの人のことは
僕が守ってあげよう。
僕がこの人の義を守り通そう。
それは僕にしかできないから。

僕がどんな生き方をしようが本当のところをいえば
他の誰になんと言われようと余計なお世話だが、
唯一この人のためだけには僕は不誠実な生き方はできない、
そう思った。



[↓クリックして応援して下さるとありがたいです]
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/10 20:32
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。