スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

金子みすゞ『土』

金子みすゞさんの詩を紹介します。



『土』


こッつん こッつん
たれる土は
よい畠になつて
よい麦生むよ。

朝から晩まで
踏まれる土は
よいみちになつて
車を通すよ。

打たれぬ土は
踏まれぬ土は
要らない土か。

いえいえそれは
名のない草の
お宿をするよ。




彼女の詩を読んでいると
普段忘れて見過ごしていたものに気付かされます。

それは生きる上ですごく大切なものであるのに
なぜか世の中では注目を浴びません。
僕も普段は気付かずに生きています。

この詩(に限らず彼女の詩の多くで)は
どんなものにも意味があるということにとどまらず
それをやさしく見つめる
人間の心の美しさも歌っているような気がします。


[↓クリックして応援して下さるとありがたいです]
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
金子みすゞ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/22 14:23
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。