スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

じゃあ僕らの求めるリーダーとは?

国を一つにまとめて引っぱっていくリーダーがいない―
確かにそうなのかもしれない。
確かに政治家に落ち度があるのだろうが、
でも、問題の本質はそこじゃないと思う。

僕らが批判しかしないということ。
リーダーを望みつつ、
リーダー候補を次々と切り捨てているという矛盾したことをしている。

確かにその人がリーダーたる器かどうかを確かめるのは必要だが、
粗探しをするのだから粗が出てくるのは当たり前だ。
この粗探しは皮肉なことに粗が見つかったときに目的が達成される。

そして結局期待できなくなる。
期待したいと思ってやったことが結局は裏目に出ている。

「この人なら信じられる」と思って首相を応援することは多分できないだろう。
都道府県の知事でならそれはあり得たとしても、
一国の首相では多分そうはいかない。

海外のことは知らないが、今の日本人は
一つの思想なり、一人のリーダーに傾倒することをひどく恐れている。

批判するにしても己かその延長の分別で批判するのだから
そのどこにも信頼はない。

僕らが求めているのは仰ぎ見るリーダーではなく、
僕らのいうことを何でも聞いてくれるいわば傀儡リーダー。
これは民主主義の取り違えだろう。

だから政治家自身にももちろん問題はあるだろうが、
ことはそんなに単純じゃない。

僕らは自らの理性によって苦しめられている。
この批判精神に。
そのことに社会レベルで気付いていかないと何も前に進まないのではと思う。


[↓クリックして応援して下さるとありがたいです]
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
世の中 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/06/02 22:34
コメント
本当に・・・
そうですね。

あと、もう一つ。
自分の人生、自分の生活する国、
・・・自分のことなのに、まるで他人事のように考えすぎる。
他人事のように義憤に駆られ、
他人事のように怒り、
他人事のようにジャッジする。

自分に降りかかっている目の前の問題としてではなく、
どこか別の誰かが解決してくれなければ困る、とでも言うような、
まるで問題集の問題を解くような、生身の自分と離れた問題として捉えている。
ほとんどが、そうなっている気がします。

そして、それが悪いとか良いとか言うこともまた、
他人事のような態度なのだ、ということになかなか気づかない。
本当は、
そうやって他人事のように捉えてしまっているのだ、ということそのものを、
事実として、自分の責任で、直視しなければならないのだと思います。
おっしゃる通りだと思います
自分とは関係が切れてしまって、他人事のようになっていますよね。

「問題集の問題を解く」というのはいい表現ですね。
問題を解くのが自分の素養のためであるようで、どこかリアリティに欠けています。

こうして不満ばかり書いていても、これがまた他人事のようになってしまってはいけないので、
きちんと問題のただ中に自分を置いて考えていきたいですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。