スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

“こんなことをしている場合じゃない”

寝る前にいつも思う。
今日も一日を無駄に過ごしたと。
困ったことにその日一日が充実しているほど
夜眠れなくなる。
肝心なことが何もわからないまま
また時間だけがあっという間に過ぎてしまった
という後悔と焦りで。

布団に入ると怖ろしくなる。
“こんなことをしている場合じゃない”
でもどんなことをすればいいのかがわからない。

人間に出来得るすべての行為、
そのどれをしたところで満足できない。
偉人になろうと人格者になろうと
世界に大きな貢献をしようと多くの人を救おうと、
“こんなことをしている場合じゃない”という声はきっと消えない。

何をしたところで、僕のしたいのはそんなことじゃない。

したくないことはしない、ということではない。
何に対してもそれをする甲斐が感じられないというのは
生命力をひどく蝕むことになる、それで困るということだ。

僕は自分のすべきことが見つからなくて苦しんでいるんじゃない。
何をしてもすべきことじゃないのがわかっているから苦しいんだ。
無数の選択肢の中のどれを選ぶかで迷っているんじゃない。
そもそも選択肢が存在しないことがわかっているからうろたえているんだ。

人生において最重要の要点をつかまない限り何をしたところで同じことだ。
その点をつかまないで何をしてもそれはごまかしに過ぎない。
適当に外のものにすがって生きているだけだ。

でも、“こんなことをしている場合じゃない”と言う声に従ってきたが
いまだにどうにもならないのなら、
従うことが必ずしも正しいわけではないのかもしれない。

呑まれているんじゃないか。
圧倒されているんじゃないか。
程よく距離が取れればそれでいいんじゃないか。
そう思わなくもない。
スポンサーサイト
焦り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/07/29 22:04
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。