スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

自分は泣こう

少し縁があって宗教法人の大本というところを知り、
以前興味を持って調べたことがある。

大本の教義などには霊界や神の話が出てくるので、
それは僕には「わからない」としか言えないが、
そういうものを抜きにすごく魅力的な人がいる(故人)。

三代教主補(三代教主の旦那さん)の出口日出麿(ひでまる)さん
という方で、その方が若い頃に書かれた日記を読んで、
一気に引き込まれた。

以下はその方の日記をまとめた『生きがいの確信』の中の詩。
これを人に見せるためではなく、
自分の日記として書かれたというところに僕としてはものすごく魅力を感じる。



血みどろになって
どうやらこうやらここまできた

ふり返ってみれば
おおぜいの人たちが
自分のたったさっきまでたどった路を
自分があえいだと同じように
喘ぎつづけている

みよ あの急勾配の坂を
あそこで自分は
どれほど苦しんだことだろう!

喉はかわく 息はせまる
肉にくっついた重い荷が肩をしわらせる

ああ だめだ! と
心中で幾度叫んだことだろう

辛抱なさいもう少しだ
そう言って
自分の背を押してくれた人があった

ああ あの時 あの人がいなかったら
自分はとうに息がきれていたのだ!

選まれた者だけが
登れる山だって?
いいや、そんな不人情は
自分が人間である限り
言うことは許されぬ

見ゆる限りの兄弟たちが
ひとり残らずここへ来て
ともに手をとって踊る日までは
自分には踊れぬ

見ゆる限りの兄弟たちが
ひとり残らずここへ来て
ともに手をうって笑う時までは
自分は笑わぬ

見ゆる限りの兄弟たちが
あの血みどろの世界から
解放されてしまう日までは
声を限りに
自分は泣こう
今日も泣こう
明日も泣こう
あさっても泣こう

神さまどうぞ
今少しく試練を和らげたまえ
今少しくさばきを軽くしたまえ

神さまどうぞ
すべてを許す救いの綱をたれたまえ
彼らがみんなここへ来るまでは
自分は祈ろう声をかぎりに
今日も祈ろう
明日も祈ろう
あさっても祈ろう
スポンサーサイト
好きなことば | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/12/21 20:30
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。