スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

本物があってこそ

「調子に乗る」
「浮かれる」
というのもたいしたことではないのかもしれない。

潔癖になって監視していたが
調子に乗った自分も、それを抑えた姿としての自分も
どちらもたいしたものではないのかもしれない。

どちらもニセモノ。
「ニセモノ」と言って意味があるのは
ニセモノでないものを掴んでいるとき。

本物を掴んでもいないのにただの否定として
「ニセモノ」と言ってもしょうがない。
それはただの抑圧になるだけ。

なぜニセモノと言えるのか。
本物があれば「ニセモノ」と言うことができる。

ニセモノを徹底的に監視していたのは方法論としては
間違ってはいなかった。
ただ、あり方としては単なる迷いに過ぎなかった。
掴めばどちらも大したものではないとわかる。
スポンサーサイト
ふっきれ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/10 21:28
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。