スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

そのままこの身に返ってきた

『なぜ生きているのか』
そんな問いをずっと抱えてきた。

“この世界に意味なんてあるのか。
 ない。
 生きるべき方向もない。
 正しいことなんてない。
 そんな真っ暗な闇の中でどうやって生きていく。
 地面がないなら、どうやって一歩を踏み出す。
 一体どうしたらいいんだ・・・”、と。

その問いがそっくりそのまま返ってきた。

“どう生きればいいかわからない。”
“いや、わからなくていいんだ。”

それはわかるものではないんだ、という安心。
地上から天に向かって「どうしたらいいのか」と訴えてきたが、
その天が「いやわからなくていい」と答えてくれた。

こちらから天に向かって願いを飛ばしても拡散するだけ。
天の方から降りてきた。

「生きる意味がない!」と飛ばした泣き言が、
そのままこの身に返ってきた。
やっぱりそれが答えだった。
そんな気がする。

答えはとっくに出ていたのに、
それを認めたくないのが人間というもの。
認めようとどれだけ力んでも精神論。
相変わらず不安。
徒労に終わる。
スポンサーサイト
ふっきれ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/26 16:32
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。