スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

お情け頂戴根性

頑張ればそれに見合ったものを与えてくださいますよね、
というその根性が駄目だ。

努力して何がしたい。
ただ言い訳がしたいだけ。
努力はしたと。

問題解決はまだできていませんが、
それに向けての着実な一歩は踏みましたよ、と。
近づいたか遠ざかったかはわかりませんが、
とにかく努力はしましたよ、真剣でしたよ、と。
だから怠けているだなんて思わないでくださいね、と。

誰に言っている。
誰にでもない。
自分自身へのいいわけか。

どっかにいいものはないか、ここは嫌だ、とふらふら。
そんな一生は嫌だ。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(6) | トラックバック(1) | 2012/03/09 20:35
コメント
イタイ・・・
痛い文章です、ズキンと刺さります。ただそれ以上どうすればいいばいいのか今の僕にはさっぱり。頑張っているのに、道が開けない場合、それをそれと受け入れるしかないのだろうか。自問ですが。
お久しぶりです
J太郎さん、お久しぶりです。

自分で書いておきながら何ですが、
痛い文章ですよね。

わかっていただけてるかもしれませんが、
これは僕自身の反省の言葉として書きました。
他者への批判ではなく、今の自分の不甲斐なさが許せなくて。

やっぱり、道が開けないということを受け入れるなんてことは
人間には無理じゃないでしょうか。
そんな気がします。

決して諦めたくはないけど、もう諦めてしまいたい・・・。
苦しいですよね。


すこし以前からJ太郎さんのブログへたどり着けなくなっていて、気になっていました。
もうやめられたんでしょうか・・・。

お互い辛いながらも頑張っている状況にあると思うので、
どう励まし合えばいいのかわかりませんが、
近況を知って、あの人も頑張っているんだな、と思えることが励ましになったりすると思います。
少なくとも僕にとっては。
こちらも頑張ろう、とまでは思えなくても、
とりあえず現状をもうちょっとキープしていよう、などと・・・。

頑張ろうと思うことができる間はまだ大丈夫ですよね。
世間でもよく「あきらめない気持ち」と言われてますが、
そういうことを言ってられるときはまだどこかに余裕があると思います。
本当に辛いのは頑張る気力すらもないとき・・・。

こうしてたまに連絡をくださるとありがたいです。
No title
大丈夫なのかな・・・あはは、すいません今の僕はあまりにも低いところにいるかも。発言する力もない。

あのブログは辞めてしまいました。あまりにも書いたことがそれこそ痛々しくて、なんていうんだろう・・・暗いんですよね、自分でも分かってしまう。あまりにも綺麗事とそして怒り、恨みつらみ、辛さで溢れていて。自分で抱え続けるには記録としても嫌になってしまいました。自分で好きな詩とかもあったんですけれど。
 まこっちゃさんやかめさんが書いている文章とは僕の最近の文章とは質が違うと感じていました。というのも卑下するようになっちゃうけれど僕だけあまりにも後ろ向きで、かめさんもまこっちゃさんもどこか力強さを感じるから。僕は消してしまいました。

いずれ自分が書けることに記録として気分良く感じられるものがあればご案内させていただきます。

もちろんかめさんとまこっちゃさんのブログは変らず拝見させていただいております。これからも機会を見つけてコメントさせていただきます。

お待ちしております
やっぱりブログはおやめになっていたんですか。
辛さが増幅してしまうのだったら、
続けられませんしね。

ブログは、辛さを発散させられるところは良いんですが、
それがそのまま自分に返ってきてしまうという面もありますよね。

どんな自分でも受け入れらたらいいんですけど、
そんなことは人間には無理なことなんですかね・・・。


こちらのブログ、見ていただいてありがとうございます。
またコメントと、それから何かを新たに書かれたときのご案内、お待ちしております。
この場を借りて
ご挨拶させて頂きます。

僕は、J太郎さんになったことも、かめさんになったこともありませんからわかりませんが、
先日、高校の時の同窓会で、クラスメイトの一人に、
「ブログ、暗いよ」
と言われました。
そっけなく冗談めかして、ですが。

「ギャップを楽しんでよ」と言ったら、
「楽しめないよ」と言われました。
まあ、それも冗談めかして、売り言葉に買い言葉、みたいな感じで言われた軽い皮肉ですけど。

僕の場合、両面あるのだと思います。
何の損にも特にもならない意味のない話をして馬鹿笑いするのも好きですし、
関心のあることについては徹底的に納得したい気持ちも持っています。
そして自分に納得できず、納得できないままでいられず、もがいている自分もいます。
記録のために、ブログを書いています。
でも、少なくともJ太郎さんよりは、きれいごとを並べてきた気がします。きっと、これからもそうです。

「きれいごとばかり言う奴だ」
と、時々指摘されます。
そう指摘されても仕方がない、と思っています。
(・・・と言うこともまた、きれいごとになってしまうわけですよね。)
たぶん、こういうことを全部言うことによって、
「少なくとも自覚はしてるよ」ということをアピールしてるんだと思います。
それがすべてではないつもりですが、そういう部分は確実にある気がします。
要は、自分が認められたいわけです。

でも、ただ認めてもらえれば何でも良いか、というと、
やはりそういう気持ちにはなれません。
納得できない認められ方をしても、嬉しくないからです。
この最後の紙一重のところで、「納得したい」ということのほうが優位になって、
そうして今の僕がいます。

だから、しぶとく、
無難に人に認めてもらえそうな言葉遣いを選びつつ、
曲げられない所では本音を織り交ぜる、
という姑息な続け方ができているのかもしれません。
僕のブログを訪問してくださるかたは、
無防備に、本音をありのままにさらけ出していらっしゃるかたが多い、
と感じています。
頭が下がる思いです。

J太郎さんがどう思っておられるかは知りませんが、
僕にとっては、J太郎さんも、そのようなかたの一人です。
まこっちゃさんへ
実際の自分と発表された自分は違いますよね。

ブログでしか僕のことを知らない人は、
それを手がかりに「僕」の像を描きますから、
実際とは大きくかけ離れるのでしょうね。
それは僕に限らずまこっちゃさんもJ太郎さんももちろん同様に。

世間ではいえないようなことだからこそブログに書く、というときもありますので、
そんな記事を後で見返すと僕も嫌な気になってきます。

僕も本音を直接言うよりは、どこかに本音を織り交ざるタイプだという自覚があります。

管理者のみに表示
トラックバック
頑張ればそれに見合ったものを与えてくださいますよね、というその根性が駄目だ。努力して何がしたい。ただ言い訳がしたいだけ。努力はしたと。問題解決はまだできていませんが、それに向けての着実な一歩は踏みましたよ、と。近づいたか遠ざかったかはわかりませんが、と...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。