スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

相変わらず青い

2007年12月23日

正直に生きよう。
己の信念のままに。
己の宗教性が導くままに。
己の心の赴くままに。

善とか、良とか、人からどう見られるかとか、そんなの関係なく、
自分が正しいと思うことはしていこう。
人から感謝されるのがどうとか、照れるとか、偽善と思われるかもしれないとか、
できればそんなもの関係なく、正直に生きていこう。
素直に感じるままに。



ふむ。相変わらず甘い。
ただ、切実ではある。
切実であれば誠実であれば何とかなるのだろうという逆ギレのような、
そんなものがこの頃は多い。
きっと今書くものよりもこの頃のものの方がずっといい。
青さが人間味に感じられて。
越えたい壁を越えるまでは今はいいものは書けないだろう。
仕方のない犠牲。
壁を越えれば未熟という意味での青さのない人間味を出せると信ずる。

ちなみに同じ日の日記にはこんなこと↓も書いている。
相当揺れていたのだろう。
「切実でさえあれば・・・」という生き方が揺らいできたのはこの頃からか。
切実さが裏目に出始めた。
誤魔化さないが故に夢を見られなくなった。

この頃はとにかく恥ずかしいくらいに青い。
でも正直ではある。
正直がモットーの僕がその「正直」の中にある種の自己逃避をみる。
自己への愛着をみる。
それを正直であるがゆえに誤魔化せない。
不器用と言えば不器用。
今の僕としてはこれが「よし」となるその道を見つけてあげることが
何よりの供養となる。

逆ギレの形ではあっても神のようなものに問うことはできた。
ここからやがて神がなくなり、ひたすら自己のみの世界に入っていく。



こんなに試練が待ち構えているのだから、
僕は学ぶ必要があるのだろうと、
そしてそれを誰か人に生かしていくのが僕の使命だろうと、
なぜそう思えなくなったのだ。
自分の底が見えたからか。
それとも臆したのか。

何が邪魔をするのだ。
何が僕の信じる気持ちを鈍らせる。
なぜ信じることができない。
いや、信じてはいる。
何かが邪魔をしているんだ。

いったい僕は何に縛られているんだ。
自由になれば、肩の荷を下ろせば、楽になれるのだろうか。
スポンサーサイト
「自己」を見つめる | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/07/28 21:15
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。