スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

なかなか・・・

僕の一番の悩み。
人生を時間つぶしにしているのではないかということ。

人生は時間つぶしではない。
きっと真理はそうではない。
だからそれをつかむのだ。
そうして頑張っている。

でもよく考えると、
とりあえず「人生は時間つぶし」と認めているんだ。
それに納得がいかないから頑張っている。
そうでない理由を求めて。

「時間つぶしではないのに、時間つぶしになってしまう」
という悩みではない。
「時間つぶしだ。それはいやだ」という現実の否定。

「時間つぶし」というのはやや主観的だが、これは事実だ。
僕が恐れているのは、ひたすら「死」だ。
その必ずくる死を捻じ曲げようとしている。
その作業に根気を注ぎ込んでいる。
何が哀れかというに、それをやめられないのが哀れ。

死ねばすべてが無になる。
ということは、今もまだ死んでないだけで無。
常に無を生きている。
死ぬ間際は「死にたくない」と文句を言う。
僕の場合その文句が長いのだろう。
いや、皆同じか。

進みたい。
進んでいないと意味づけられない。
この一歩はあの「大切なとき」のための一歩なのだ。
そう思わずにはいられない。
でもその大切なものを肯定するすべを知らないから
結局いつも不安なまま。
いくら自分で「これはいい」と思っても、
それでも不安にならずにはいられないのが人間。
根本的に何かを間違えている。
どこかに勘違いがある。
決して肯定できないのに肯定を求めている。
報われないことをしている。

う~ん、なかなかどうにもならない。


スポンサーサイト
「自己」を見つめる | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/19 15:07
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。