スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

新陳代謝

僕にも楽しむ資格があるんだ。

今さらながらそんなことを思った。
最近ずっと卑屈になっていたから。

前は夜に散歩するのが好きだった。
夜の澄んだ空気を吸うのが好きだった。
その散歩も今はただの時間つぶしになっていた。

昔のそれには、少年じみた言い方をすれば
冒険をしているような感覚があった。
毎度おなじみのコースでも。

新しい世界に触れる喜び。
それを忘れていた。
いや、必要ないとさえ思っていた。
際限なく刺激を求めて生きるのがむなしくなったから。
物足りなさを新たな刺激で埋め合わせる。
そうして大事なことから目を背ける。
そうやって生きていくのが嫌だったから。

でも、新しいとはなんだろう。
古いものが消えていくこと。
新陳代謝。
入れ替わり、入れ替わり。

僕は時間を止めようとしていた。
でも世界は流れていく。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/09/13 21:57
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。