スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

大切なのはそれを持ってどう生きるか

再び心の歯車について。

生まれつきか経験によるかはともかく
人それぞれ「自分」を持っている(歯車で言えば「機械」あるいは「働き」)。

それをどんな設計図を描いて、
どんな歯車を用意して回していくかが大切なのではないだろうか。

設計図と言っても単に未来に展望を持つということや、
「自分はこういう人間だ」と自分にしがみつくことではなくて、
その場その場で壁にぶつかりながら、
自分が一番楽に動くことができる形に自然と落ち着いていくのだと思う。

そうやって「自分の生き方」「自分の動かし方」を工夫していくのが
人生なんじゃないかと思う。

世間にすんなり順応できる人もいるし、一方では反発が強い人もいると思う。
その反発を矯正するのでもなく好き勝手に解放するのでもなく、
重要なのはその反発を持っている自分を”どう生きていくか”、ではないだろうか。

歯車は生まれつきのものもあるかもしれないし、
両親や世間から取り入れたものもある。
時には決意を持って捨てなければならないものもあるだろうし、
いや応なく変形させられたものもあると思う。

歯車一つだけを見て良いとも悪いとも判断できないし
自分の心全体としてスムーズに動いていけばそれでいいのだと思う。
(必ずしも欲望を満たすこと=心がスムーズに動くということではないのは意外な事実)

人類にとって偉大な貢献をした人だけが存在価値があるのではなくて、
例え世間から批判されるようなあり方だったとしても
自分を最大限に生かした人は十分尊いと思う。
そうありたいと思う。

[↓クリックして応援して下さるとありがたいです]
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
人生観 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/02/15 21:46
コメント
僕は
岩岡さんのような方から、
わざわざメールを頂けたことが非常に誇らしいです。
この感じは、「世紀の大発明」と違って他人にはなかなか理解されないでしょうけれども、
少なくとも、
他人の歯車に振り回され、ただ誰かの操り人形となりながら「世紀の大発明」に関わった人よりは、
自分を誇れる気がします。
まこっちゃさんへ
まさか僕のような人間からメールを受け取ったことでそんな風に思っていただけるとは…。
有難うございます。

まこっちゃさんは他の人との出会いや影響をすごく大切にされてますよね。

僕は「根」の部分で対人関係に対しておっくうなところがあるせいか、
どうしても自分の殻に閉じこもる癖があります。
その度にそれではいけないと思うのですが、いつの間にかまた閉じこもってしまっています。

ですからまこっちゃさんの書かれる文章を読むと、
今の僕の心理状態に欠けているものに気付かされたりして面白いです。

僕はまこっちゃさんが他者に対して素直に感謝されたり大切にされたりしているのを、純粋に尊敬しています。


記事の一つひとつにわざわざコメント下さって有難うございました。
言葉の上では・・・
言葉の上では、ある程度、自分の考えがまとまって整理されてから書いていることが多いので、
そう見えるかもしれませんが、
普段の僕は(特に僕の家族はよく見知っているはずですが)もっとわがままで自分本位です。

本当は、自分本位でいる自分がたまらなく嫌なんですが、
そうしないと自分が崩壊してしまう感じで、どうしようもなくて(笑)。

出会いや縁を大切に感じてはいますが、
それを表現できるのも、その思いを伝えられるのも、
こうして冷静にパソコンに向かったり、
落ち着いて言葉を発することができるほんの一瞬だけで、
ほとんどの時間は、その気持ちすら上がってきません。
その気持ちが湧いてくる以前に、自分のことで頭も心もいっぱいになってしまっています。

ネット上の書き物は、僕の性に合っていると思うんですが、
それは、「僕が落ち着いたとき、落ち着いて書いたものを半永久的に閉じ込められるから」です。
ほんの一瞬の僕ではありますが、
僕がもっとも伝えたいことをそこに閉じ込めてます。
だから、普段の僕をよく見知っている人は、
ネット上でだけキレイゴトを書いているように見えるかもしれません(苦笑)。

僕は、基本的に聞かれれば誰にでもブログや自分のWebサイトを教えているので、
家族も知っていますが、内心どう思っているか不安になる時もありますよ。
ただ、家族は、僕が書き物をして落ち着くのを知っているので、
僕にとっては大切なのだろう、と理解してくれているのだと思います。
まこっちゃさんへ
>コラボ記事の件

こちらこそお願いします!
実は前からできたらいいなと思っていました(笑)
また詳細はメールでお送りしますね。


>頂いたコメントについて

やっぱり文字だけのやりとりですから、書く方も読む方も中々相手のイメージを持ちにくいですよね。
特にブログだといつでもどこでも誰でも見られるわけですし、その時その場限りの(そしてその相手限りの)“言葉”も、固定されて平板なものになってしまうおそれもありますよね。
もちろん恩恵も大きいですが。

では、コラボの件、よろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。