スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

精進

僕には嫌いなものがありすぎる。
外の嫌いなものを切り捨て
内の嫌いなものも切り捨てる。

理想主義者は人を斬るのを常とする。
物事の正誤にこだわる者も同じく。
正義漢もまた。

“反面教師”
“人の振り見て我が振り直せ”
という言葉があるが、
それらは実は人斬りの勧めでもある。

“美学”“モットー”“誇り”
それらの裏には我が潜んでいる。

“自分はこういう生き方をする”
“ああいうことはしない”
その言葉が人を斬り捨てるものであることに気付きはしない。
“そういうことをする人”を斬り捨てたことに気が付いていない。

“誰かの過ちを自分が繰り返さないことがその人の供養になる”
それは確かに優しさだ。
だがそれは人斬りの持つ優しさだ。
僕は人が人斬りに落ちる前の優しさの方が美しいと思う。

我はなぜ悪いのか。
それは人を斬り捨てるからだ。
ではなぜ人を斬るのが悪いのか。
悪いと感じるから悪いのだとしか言いようがない。
絶対的な善悪になど大した価値はない。
反省と懺悔は違う。
反省には改善の意志があるが、懺悔に改善の意志はない。
ただ悪いことを悪いと思うだけ。

僕は己の悪いところを見、それを嫌う。
“そうではない自分”になろうとする。
そして周りの人皆斬りつける。
僕に懺悔はない。

スポンサーサイト
我(ガ) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/08/20 21:17
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。