スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

まとまりのないことを

自分の中の醜い面に直面したとき。
自己イメージはどうなるか。

意外にも「自分は醜い」という自己イメージを持つことは少ないと思う。
「こんな自分では駄目だ」と思うことで「清い自分」というイメージを死守する。
なぜか否定し切り捨てると、それを克服した気分になる。

見たくない部分は切り捨てていくのだから、当然自己イメージは清いまま。
「清い」は「肯定」に属する。
自己イメージは肯定のみによって成り立っている。
そういう構造を持っている。

他人の過ちを見てはそれを批判し「自分」と分断する。
自己への教訓にして生かそうと思うにしても、やはり分断であることには変わりない。
自己の過ちに出合っても、やはり「これでは駄目だ」と切り捨てる。
そうして残る自己イメージは清いまま。

「清さ」はどうやって現れるか。
それはいつも「醜さ」の否定によって現れる。
肯定は否定によって現れる。
自己は自己以外の者の否定によって現れる。

だから、アイデンティティの危機に瀕している者ほど他者を(自己も)切り捨てる。
自己を確認するためには他者を切らねばならない。
これは僕自身を振り返ってのことだが。

もちろん自己の醜さに直面したとき、「自分は醜い人間だ」という自己像を築くこともある。
だが、これもある種の肯定でそこには何かしらの安定がある。
「自分は醜い」と思うところに、現実的な認識を超えた、感情的なしがみつきがある。

自己はいつも肯定と安定とによって成り立っている。
しかもその安定は「いつも何かが欠けている感覚」を伴った奇妙な形の安定を保っている。
「いつも崩れそう」なのが逆に安定しているのだ。
しかし当然それは完全な安定とは言えない。

いつも何かに追われ忙しくしていると、早くこんな状況からは脱したいと思えてくる。
しかしいつも何かに追われるというのはそれはそれで何かが安定しているのだ。
忙しいと思っているときの方が生きやすいというのは、
多分多くの人に納得してもらえることだと思う。
しかし、目先のことにばかりとらわれ続けてこのまま一生終わるのか、と
ふと思ったときにはその安定が脅かされる。
完全な安定ではないというのはそのことだ。

一見得られた安定は根本的なところにほころびを持っている。
そして一見得られた自己も同様にほころびを持っている。
他者を切らねば自己は得られないが、
そこで得られた自己もやはり見せかけでしかないのだから、
やがてまた何かに追われることになる、という不運。
スポンサーサイト
人間観 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2013/09/13 18:32
コメント
不完全な安定
耳の痛い指摘ですね。
言われてみれば、
自己否定しているようでも、どこか清いイメージを保とうとする意識が働いていたり、
あるいは「自分は醜い」と結論付けることによる自己肯定を図っていたり、
という部分は確かにあると思います。

そして、この指摘自体もまた、
形を変えた「安定化」への試みのような気もします。
結局のところ、人はそれを求めるのだ、
と、そういうことでしょうか。



本題とは話が逸れますが、
気づかされたついでに、別の見方をしてみたいと思います。

「完全な安定」が得られたらどうなるか。
単純に、すべてが止まると思います。
もし仮に、動きがあることを良しとするのであれば、
「完全な安定」がないからこそ人は動き続けることができるのだ、とも言えるのではないか
と思いました。
それとも僕がそう思ってしまうのは、
真に幸せな「完全な安定」を知らないからでしょうか。
動きのある今を良しとしたい、という、
これもまた自己肯定化の意識の表れなのでしょうか。

ここまで来ると、どう考えて良いかもわからなくなりますが、
少なくとも「動きがある」ということと「完全な安定がない」ということは
連動している気がします。

宇宙の原初の頃には、マイナスの電気を帯びた電子だけでなく、
プラスの電気を帯びた粒子が原子核の周囲にあるような物質も存在していた、とか。
この世界がこんなにも動的なのは、あらゆるところが不均衡にできているからだ
とも言える気がします。
「だから何だ」と訊かれると、うまく答えられませんけれども・・・。
自己満足なのか天からのお墨付きなのか
コメントありがとうございます。

こんな文章が誰に通じるだろうかと思いながら書いたものですが、きちんと意図を理解していただけているようなので驚きました。感謝します。

もう一ついただいたコメントもこちらに関連しますのでまとめてお返事させていただきます。

>「完全な安定」がないからこそ人は動き続けることができるのだ、とも言えるのではないか

僕も全く同感です。
川の水が流れるのも人が足を前に踏み出すのもバランスの崩れがもたらしたものだと思います。
ただ、僕がまこっちゃさんとは違うなと感じるのは
僕は動きがあるのが果たして本当にいいことなのかどうかわからないと思っているいうことです。
動きがない方がいいということではなくて、単純にそれがいいことなのかどうか判断できないという意味です。
いや、どちらかというと、かなり疑問を持っているという感じかもしれませんが。

>ただ実際、その思いによって衝き動かされて生きていることは事実であり、
それによって僕の人生が形成されていることは確かであって、
そのことに意味がある

とおっしゃってますが、
確かに意味があると受け取ることはできますが、
僕は正直なところそう思うのは僕のただの自己満足で、
もっと大きい枠組み(僕は真理というものにこだわっていますので)から見れば、
(そこには)意味はないのかもしれない、と感じてしまいます。

確かに人は何かを得たいと思うことで前へ進んでいくことができます。
まこっちゃさんご自身のブログにも書かれていましたが、
人は得たいと思ったものを得て思い通りの人生を生きているのではなくて
いつももたらされた偶然によって人生は形作られている、ということには僕も賛同します。
けれども僕には割り切れない部分があって、
果たしてその偶然の導きに意味があるのか、ということがどうしても気になります。
仮に意味がなかったとしてもそれが自分の人生を構成しているのだから、と納得することはどうもできません。

僕が悲観的なのかもしれませんが、
人が何かを欲して、欲することが正解でも間違いでも、とにかく歩きだしたことによりどこかへ向かいその人なりの道を歩いていくということは、
悪い例えですが、
馬の鼻先に人参を吊るして、馬がそれを食べようといつまでもどこまででも走っていくというのと同じように思えてしまいます。

やはり僕としては、人参を得んとすることの正邪はともかく、
「馬がどことも知れないところに向かって走っていく」ということ自体に意味があるのだという保証が欲しいです。
意味を感じるのは
僕が、この人生に意味を感じるのは、
客観的に「そこに意味があるから」ではない気がします。

確かに馬ニンジンのような人生ですし、
そうせざるを得ないような世界ですから、
実際のところ、そこに意味があるのかどうかは確かに疑問です。
ただ生きて、死んでいくことがひたすら空しく感じられる時もあります。

でも、僕は、たぶん意味を感じています。
このことは、僕が「死が怖い」と感じることと直結しています。
「死」の何が怖いって、
今あるこのすべてが失われることが怖いんです。

そもそも何があると決まっているわけでもないのに、
「失う」と感じ、それを怖れる。
この心境は、すでにこの世界に何らかの意味を感じているから生まれているものだと思います。
何らかの刷り込み、洗脳かもしれませんが、
すでに僕がそう感じてしまっている、
ということなのだと思います。
意味
>僕が、この人生に意味を感じるのは、
客観的に「そこに意味があるから」ではない気がします。

おっしゃっていること、なんとなくわかります。
「そこに意味があるから」というのだと、
それが本当だという証拠は、その証拠が本当だという証拠は、それを本当だと思う自分が間違っていないという証拠は、といつまで経っても終わりません。


>そもそも何があると決まっているわけでもないのに、
「失う」と感じ、それを怖れる。
この心境は、すでにこの世界に何らかの意味を感じているから生まれているものだと思います。

まこっちゃさんは意味を感じているとおっしゃっていますが、
僕はそこで感じられる意味というのは実は脆いものじゃないのだろうかと思っているんです。
失礼かもしれませんが、これはまこっちゃさんに対する批判ではなく、
僕が感じる意味、僕やまこっちゃさん以外の人が感じる意味についても同様です。

僕は死を怖いと感じることはほとんどありませんが、「人生には何の意味もないのかもしれない」という不安は常にあります。
それはおそらくまこっちゃさんの「死が怖い」というのと根っこの部分では同じものだと思います。

僕なりの考えなのですが、死に対する恐怖や不安というのは、アイデンティティとか実存感覚とかいうようなものの危機感覚なのではないかと思います。

死によって自分の生が奪われてしまうということは、今それなりに確かにあると感じられるこの自分という存在が
実はあっけなく消えてしまうような非常に不確かな存在だったのだと知らされることになります。
僕の感覚では存在に根っこがない、足場がない、バックボーンがない、という感じです。
今ある安定は偽りではないのか、という感覚です。

死によって何を失うかというと、それは「自分」ではないかと思います。
いつも非常に感覚的で主観的な表現になって申し訳ないのですが、
「自分がある」という感覚の内には肯定感、意味充足感が付属していると思います。
まこっちゃさんがおっしゃっている意味というのもこれだと思うのですが、
アイデンティティと同じように、この意味充足感はちょっとしたことで崩壊するのではないかという不安も同時に合わせ持っていると思います。
一見安定した秩序の中にも実は小さな歪みや裂け目が隠れていて、中から無秩序が覗いている。
裂け目自体は小さいのに、それはこの世界を呑み込んでしまうほどの力を持っているのではないかと思われる。

この記事本文で言った「不完全な安定」というのはそのことです。
とりあえず自己というものも意味というものも得ることはできる。
しかしそこに穴が空いているのを本能的に感じている以上、
常に自己も意味も更新していかずにはいられない。
その切迫感に付きまとわれることになる。

けれども最近気がついたのは、その営みがまるで馬のようだな、と。
不安があるのは自己が不安定だからだと原因を突き止め、
ではそれを解決しようと思い、出発したつもりでしたが、
その出発すらもまた馬ニンジンだったなと。
結局自己が持つ不安感に突き動かされただけでした。
そうするといかんともしがたいなあというのが現状です。

文章が下手な上にまとまりさえもなくて申し訳ないです。
安定したものには人生を賭ける気になれない
>僕はそこで感じられる意味というのは実は脆いものじゃないのだろうかと思っているんです。

僕も、そう思います。
だからこそ、この限りある時間を賭けてみる価値がある、
とも思っています。
安定していたら、そして安定していることがわかりきっていたら、
わざわざ、こんな未熟者の「僕」が、そのわかりきったもののために自分の限りある時間を賭けることがかえってバカバカしく思えます。

でも、誰にとっても実は脆いものに見えるこの世界だからこそ、
その中でさらに脆く情けない在り方をしているこの僕でさえも、その些細な時間を賭けてみる価値がある
と僕は感じます。

まあ、勝ち目のない賭けですが、
100%勝つことがわかっている賭けほどつまらないものはありません。
僕は、もともと賭けは嫌いなほうですが、
こと「死」に関しては、追い詰められていますから賭けてみるしかありません。
幸い、不安定な世界ですから、
僕のイメージする「死」が間違いなくその通りである保証もありません。
だから、ちゃんと見たいのです。「死」が何なのかを。
それをわかったところで失う命ですが、打ち上げ花火が美しいのは、その儚さにもあると思います。
馬ニンジンを自覚しつつも、なぜだかワクワクしている自分もいるんです。
賭けずにはいられない
わからないからこそ賭けられる、ということですか。

ただ、僕が一つ思うのは、「なぜ賭けるのか」についてです。
これは単に「賭ける」というよりも「賭けずにはいられない」という方がぴったりくるものだと思います。

僕は『ノーマルな人が「賭ける」というアクションを起こした』というよりも、
『「賭けずにはいられない」のがノーマルな人間である』という認識を持っています。
ノーマルというか、人間は皆そうだと思います。

人間とは何かと言ったときに、人間とは「賭ける生き物だ」と言っていいくらいにこれは大きな特徴ではないかと思います。
それを広く言ったのが「人間とは飢え続ける者」ということです。
それをまたくだけて言うと、
「こうだと目標点を定めてそれを求め続ける者」ということになります。
「求める者」ではなく「求め続ける者」です。
終わりのないものを求めているというニュアンスをこめて。

「終わりのない精進」というのが良く聞こえるのは、その人の目線と歩みが一致しているときのみです。
「ここまで来た。次はもうちょっと進もう」という風に。
一歩進めばその分だけ目線もまた先に進みます。

でも人間が人生を懸けてしていることはそういうものではなく、
目だけはずっと目標を捉えながらも、足元は覚束なく、前だか後ろだかわからずに進んでいる、というものです。
歩みを進めても進めても目標が「ここ」になりません。ずっと「あそこ」です。
そうすると、目に映っているそれは現実にあるものではなく、幻覚ではないか、目に焼きついた像ではないかということになります。

そういう認識があります。

「賭け」というのは僕にとっても大きなテーマで、以前に書いたことがあるなと思って検索してみるとこんなのがありました。
よければ読んでみてください。
http://iwaokabaiki.blog15.fc2.com/blog-entry-139.html
「賭けるのが自然」なら「賭けないことに賭けるのは不自然」ということです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。