スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

生も死も人任せ

・罪を犯したればこそ明るくすべきでは。
罪空間では自己も他もとかく陰気になりやすい。
だからこそ明るく努めるべきでは。
という理屈もある。

・生と死は平等であるはずなのに、
世の中には生だけを尊重する向きがあること。
生きるのは良いことだ、生きねばならないのだ、など。
気持ちの上から言えば納得できるが
平等なものの内一方だけをとるのは果たしてどうかと。
死を除外し生だけを奨めるのはフェアではないと。
だが生だけを選択しているわけではなかったのだな。
生のときは生きようとし死のときは死ぬと。
世間でいう生きねばならないというのがやっとわかった。
これは死の否定ではなかったのだ。
同時に死なねばならないとも言っていたのだ。

・今まで本当に何もしていなかったんだな。
来たものにつられて。
自分で生きてるなんてよく思っていたな。
・浮かんできた考えを大事だと思うからとらわれていく。
浮かんできた考えよりもそれを自覚している意識の方が大切だとわかってきた。
・何かが間違っているという考えとか不満が出てくるとそれが「絶対」になる。
それを元手に「さてどうするか」という新たな観念が生まれる。
それを流されているという。
自己内で生じた観念につられ、そのつられて出た観念にさらにつられ、
果たしてそこで「その人」は何をしていたかというと、何もしていない。

・なんとかせにゃと10年やってきたけどそれは一体何だったのだろう。
ずっと僕が描いてきた不幸。
それは何だったのだろう。
それ一色でここまできたのに、それは一体何だったのだろう。
それはやらなければならないことなのだと思ったし
それを乗り越えれば輝かしい未来が待っていると思っていたのに。

・不幸、そして不自由。
とにかく胸が晴れなかったんだな。
ただ僕は胸を晴らしたかった。それだけ。
それに引きずられていただけなんだな。
暗い人になりきっていたけど別にそんな必要もなかったんだ。
暗い人でいない責任があるのだ。

・散々いろいろ考えてきて何がわかったかと考えると、何も浮かんでこない。
人生むなしいなぁとそれを解決することだけを考えてきて、
それでどういう成果が生まれたかと思い返してみると、何も出てこない。
何もやってなかったんだな。

・『なぜ欲を出してはいけないか』
「欲から苦しみが生まれるから」→それは処世術。
「欲を出すのが愚かな行為だから」
→いやそれだけでは処世術からは抜け出せない。
『なぜ愚かな行いを正さねばならないか』
『なぜ人は自らを律する必要があるのか』
それは逸れるからだ。
根本から逸れるからだ。
だから逸れないように律せねばならない。
人には根本のままでいる責任がある。
根本でいるべき自由と責任がありながら、
それを自覚せずに逸脱に逸脱に重ねてきた今まで。
それにようやく気が付いてきた。
人間とは己の根本のままでいなければならない責任をもつ存在なのだ。
逸れる・逸れないかには自由があり平等がある。
だがどういう態度をとるべきかとの責任の上で言えば、
必然的に逸れないでいることが選択される。
この点がいわゆる「プラス思考」と違う。
「その方が得だから」プラスに動くのではなく、
責任を背負うとそうせざるを得なくなるからプラスに動く。
なぜそうなるかというと、それはわからない。
そうなるからそうなるとしか言いようがない。
あえて言うならそれは「義」や「誠」というもの。
「責任」とはつまり人をどこかに向かって歩かしめるもの。
それが果たせないときに初めて純粋な「懺悔」が生まれる。

・絶対的なものを求めてきたがもうすでに自分を絶対視していたのだ。
自分の考え、自分の直観、自分の嗅覚。
湧いて出てくる観念は「大事なもの」であったし、
湧いて出てくる感情は「自己を知る指標」であった。
そうやって自分を絶対視していた。とわかった。

・気分が重くとも体がだるくとも、
それに対してどんなものか態度をとる責任はある。
死のうと思えばいつでも死ねる。
そうしない自由がある。
そうしていない責任がある。

・目的があるなら進むのに躊躇しない。
ないから躊躇する。
正しいかわからずにやることは長続きしない。
やめてもいいという考えが浮かぶとそれを拒否する理由を見つけられないからだ。
目的があるときにだけそれを拒否するかどうかの選択の前に立たされる。

・今の自分はなぜ生きてるのだろうか。
死ねる瞬間はいくつもあったはずだ。
ただなんとなくそうせずにきた。
いろいろなことを考えると死にきれなかった。
死なずにおこうと決めたわけではなかったがただその度死ねずにきた。
もはや僕は生を諦めていた。
生きようとして生きているわけではなかった。
何かの希望や目的があって生きているわけでもなかった。
ただ続くのを続けていただけ。
完全に心が折れていた。
自分でもよく廃人と称した。
そんなところから主体性など生まれてくるわけがない。
すべて人任せだったのだから。
己が生きるかどうか、でさえも。
思えば僕はずっと死んでもいいのだよと言ってくれる人を探していた。
そのくせいざそう言われると死にきれないだろう自分もわかっていた。
自分はもはや死人だと称しながら死からはどこまでも逃げたかった。
かと言って自ら生きると言うだけの勇気もとても持ち合わせてはいなかった。
そういう中途半端なところですべてを人任せにしてきた。
いつでも死ねますよと書かれた看板を首からさげて
その辺をブラブラ歩いてその日一日を過ごす。
目的もなく。
ただ「いつかはすべてが上手くいけばいいのになぁ」と期待しながら待つだけ。
そんな状態で何を考えたところで人任せである以上戯言にすぎない。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/12/28 18:08
コメント
最近
少しずつ変わられている様子が伝わってきます。
ブログの上では。
かめさんの心の内面まではわかりませんが。

よい方向に変わられているのではないか、と感じます。
何をもってそう感じるか、という客観的な根拠があるのではなく、
かめさんの書かれる文体から、それが伝わってきます。

今後ともよろしくお願い致します。
よいお年をお迎えください。
お世話になりました
ありがとうございます。
自分でも変わったと思います。
書いている内容からしてずいぶんかわりました。
つい1カ月前には毛嫌いしていたような言葉を平気で書いています。

妥協してそういう考え方をとるようになったのか、単なる一時的な気持ちの高揚なのか、
それとも本当に考えが変わったのかは自分では判別できないのですが、
ともかくありがとうございます。

こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
よいお年をお迎えください。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。