スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
色んな意味で見るに堪えないブログですが本年もよろしくお願い致します。


・今年の目標は「人を侮るなかれ」。これしかない。
僕はすぐ線引きをする。
でも僕が描いていた理想なんてのは幻だったし、
僕がこの人はわかっていない、(自分も含めて)わかっていない人は
何を言っても戯言にすぎないのだと言って切り捨てていた人も
人間として尊敬でき得る親しみを持てる人達なのだ。

・否定的な感情に呑みこまれることだけに注意していたが
気分がよくなって調子に乗ることにも注意しなければならない。
気分がよくなってもそれに乗っからなければいいのだ。

・最近気分が割とよかったから今朝になって改めて気がついた。
僕は毎日こんなにも辛かったのだな。
このどんよりした気分。
これを背負っていかねばならないのだ。
何もかも楽になるつもりでいたけど、これを背負う中に安楽を探すしかない。
本当の闘いはこれからなのだ。

・感情と気分に呑まれるな。
すべきことならここにあった。
うつの時節にはうつになるがよく候。
解決してから何かが始まるわけではない。
解決して何かを為せるようになってそこから初めて許されるわけでもない。
うつにあってうつに呑まれずにいることが唯一すべきこと。
ようやくスタートライン。
道は歩むもの。
ようやく歩み始めた。しかもかなり頼りなく。

・人物ということ。
なかなかの人物だ、などの。
僕が目指していたのは悟り。
悟らないまでも人間として生まれたからには掴まねばならない何かを掴むのだと。
ただ最近僕が変わったのは、目指すのが「悟り」ではなく「人物」になったところ、
と言えるかもしれない。
悟りを開いたからと言って必ずしも人物になるとは言えない。
悟りを開くのは一瞬だろうが人物になるのはすぐできることではない。
コツコツとやっていかなくてはならない。
というのは生きていこうとの意志の現れ?
相変わらず自分の中に起こったことを後からああかこうかと確かめている。
スポンサーサイト
「自己」を見つめる | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/01/01 16:36
コメント
どうか過去のご自分をご自愛ください
僕自身、できていないくせに言うんですが、
ご容赦ください。
僕はずるいので、先に謝っておきます。
人は、他人のことはよく見えるし、他人には言えるけれども、
自分にそれを当てはめることはなかなか難しい生き物なのだと思います。
だから、互いに役割分担をしながら、互いのことを言い合う。それが人間なのだ。
・・・などと嘯いて、まず逃げを打っておきます。

それで、本題ですが、
どうか過去のかめさん自身も否定せずに大切にして頂きたい、
と僕は思います。
アジアン・カンフー・ジェネレーションというバンドの
『アンダースタンド』
という歌があります。

軋んだその心、それアンダースタンド
歪んだ日の君を捨てないでよ
・・・というサビの歌い出しで始まる歌です。
曲は好みが分かれるかもしれませんが、僕はこの歌の歌詞がとても好きです。
機会があれば、ぜひ一度お聴きください。

蛇足ながら紹介ついでに言いますが、
この歌の「アンダースタンド」は、「理解する」「解るよ」という意味以外に、
「アンダー」と「スタンド」を分解して捉えて「土台」「基礎」という意味もある、
と僕は理解しています。
言い得て妙だと思いませんか。
役割分担
コメントありがとうございます。

「互いに役割分担をしながら、互いのことを言い合う。」
これはありがたいお言葉です。
そうあれたらいいですよね。

言われみて「あ、そういう風に見えるのか」と思ったんですが、
この記事は過去を切り捨てているように見えるんですね。
自分ではそういう自覚がなかったのですが、
確かに僕にはそういうくせがあって、とにかく過ちを乗り越えたと思いたい思いから
過去を切り捨てることがよくあります。
おっしゃるように自分のことは自分ではよく見えないので
ちょっと振り返ったほうがいいですね。
この次に書いた記事も「切り捨て」タイプの記事かもしれません(笑)

ご紹介下さったアジカンさんの曲ですが、それは存じませんでした。
ので、歌詞を調べようと「アジカン」「アンダースタンド」で検索しようとすると、
検索候補に「アジカン アンダースタンド 意味」と出てきました。
他にもこの曲の意味について考えたり調べたりしている人がたくさんあるんでしょうね。
調べてみて思ったんですがどうもアジカンさんの歌の歌詞というのはそうさせる力を持っているようですね。

「understand」の語源を調べてみましたが、おっしゃる通り「土台」「基礎」というニュアンスもありそうですね。
そう理解するとこの歌詞もしっくりきます。

ちなみに僕がアジカンさんの曲で知っているのは某アニメの主題歌だった「リライト」という曲だけでした。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。