スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

『日々新たに』

「日々新たに」、今朝そんなことを思った。
いつでもその都度のことに集中しているのは難しい。
気を緩めればいつまでだって呆けていられる。

集中し「続ける」のは難しいし、何より気力がもたない。
何かを続けるにはその分だけ気を張っていなければならないからだ。
しかし「日々新たに」というのは何かを続けるというよりは
その都度リセットをするということだろう。

リセットというのは原点に帰ることだろうが
それは原点のままで居続ける「維持」と考えるより、
外れたら戻る「回帰」と言った方が正しいだろう。

だから「日々新たに」というのは「新たに状態」を継続しようと気を張るのではなく、
その都度「あ、新たにというのを忘れていた」と振り返ることだろう。
そうすれば疲れない。

新たなものに出会うとその刺激が強い分リアクションも大きくなる。
たまにならそれもいいが、それがいつも続くと逆に疲れるのではないか、
という気持ちを持っていた。
刺激が多いというのはストレスが多いということでもあるのだから。

だがこれは勘違いだったようだ。
呼吸も、ずっと同じ空気だけを吸っていてはやがて苦しくなるが、
つねに新鮮な空気を吸っているなら気持ちがいい。
その気持ちよさは活力を生む。

「日々新たに」暮らしていると、
リアクションを取る回数が多い分エネルギーをより多く消費するだろうが
(わぁきれい、とか、あぁすごい、とか)、
その感動が新たなエネルギーの元となるから問題ないのだろう。
決してエネルギーが枯渇することはないと思われる。

この「日々新たに」というのは座右の銘にしてもいいくらいだ。
座右の銘というのは自分とはかけ離れたものを掲げるのだろうから。
こんなことを書いていたって「新たに」を意識できるのは
1日の内にほとんどないだろう。
だからこそ座右の銘たりうる。

スポンサーサイト
決意・覚悟 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/01/10 22:02
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。