スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

最善について

最善について。
何が最善の選択なのかということは難しいものだと思う。
これが正しいと思っても、
でももっと正しいものがあるかもしれないなどと思ってしまうから。

僕は、特定の状況下における最善の行動というものは、一つではないと思う。
一つではないというか、人それぞれだと思う。
押さえるべき芯を押さえてさえいればその人のとる行動はすべて最善となる。
別の人のとる別の行動も最善となる。芯さえ外さなければ。

その芯がわかっている人のことを悟った人というのではないか。
そしてその芯を押さえる術に長けた人のことを聖人というのではないか。

きっと悟った人の心の中身も悟っていない人の心の中身も同じなのだ。
構成要素とか、中身は。
悟りを開いたからと言って心の中に新たな何かが出現するわけではない。
ただ違うのは心の中心を知っているかどうか。

その中心さえ知っていれば、
それに基づいてその人が「最も善い」と思う行動をとれば、それが最善となる。
だから「最善の行動」の結果、予期せぬことが起こり、
誰かを悲しませたり苦しませたりすることももちろんある。
(そうするとこれは最善というよりはただの善かもしれないけれども。
 だとすると最善は神にしかわからないものとなる。)

とにかく、何が最善かと考えるときに注意すべきなのは、
「状況(客観)の最善」ではなく、「己の最善」を問うべきだということ。
「己の最善」というと、結果がどうなっても構わないと言っているように聞こえるが
そうではなく、とにかく「己の本分を尽くすべきだ」ということ。
その後の結果を想定するのも「己の本分を尽くす」うちの一つ。
とにかく己が最も善いと思うことに集中すること。

その結果悪いことが起こっても、
その悪いことのおかげで善いことが起こるかもしれないし、
またそのおかげで悪いことがおこるかもしれない。
結局のところ、何が善くて何が悪いかというのは考えてわかるものではない。
一方から見た善は他方から見た悪でもあり得る。
善悪是非は「考えるべきこと」なのではなく「(思わず)考えてしまうこと」。
いかにその妄想に囚われないかと工夫していくことが肝要。

(状況の)善い悪いに関係なく、
最善を尽くし、その後の展開に最善を尽くし、そしてまた最善を尽くしていく。
つまり、どの瞬間にも集中しているべき、心を込めるべきだということ。
それが生きるということの全体でもあると思う。

人は「善」よりも「最善」にこだわりたがる。
でも善がわかりさえすれば、最善なんていらなくなる。
そうすると(?)、善が最善となる。

まぁ、要するに最善というものは実生活とは関係のない観念上の一つの問題として
考えられるべきものではなくて、
生きるということがそのまま最善にかかわってくると、
そういうものとして捉えていくべきだということです。
スポンサーサイト
人生観 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/01/30 16:39
コメント
忘れていましたが
10代後半から20歳くらいのころ、
座右の銘を「塞翁が馬」にしていました。
実際の自分は、今もその心性からは程遠いですが(笑)。

「塞翁が馬」と言えるのは、後から振り返ってのことであって、
リアルタイムで進行している最中に、そう淡々と客観的には見られないですよね、なかなか。
「杜子春」という話もありますし。
もしかすると、変に仙人や聖人になろうとしないことのほうが大切なのかもしれません。
塞翁が馬
コメントありがとうございます。

先日、まこっちゃさんのブログを通して知的想像家さんと交流をさせていただきました。
この場を借りて(?)ご報告とお礼を申し上げます。

「塞翁が馬」、いいですね。座右の銘にもってこいという感じがします。
塞翁が馬と言っても、僕はその都度のことに喜んだり悲しんだりしてもいいんじゃないかなと思います。
おそらく悪いのは過ぎたことをいつまでも気にすることではないかと。
あのときのあの行動のせいでこんな結果になってしまった、とか、
あのまま幸せな気分でいられたらいいのになぜこんな不運なことが起こる、とかです。
不運なときには以前の楽しみ浮かれていた自分さえ憎らしく思えてきます。

起こってくる感情自体に罪はなくて、問題なのは今の感情がずっと続くと思いこむではないかなと思います。良いものも悪いものも。
いずれにしても、それを会得できたと言えるようにまでなるのは容易なことではないと思いますが。

でも僕は、聖人というか、常に「塞翁が馬」などと言い聞かせながら、それを会得できることを目指して生きていくのは大切なことだと思ったりもします。
「聖人になる」という夢を見続けるのはあまりよくないでしょうが。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。