スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ひねくれきった本音

以前にも書いたような気もするし、また書いてないような気もするが、
聖人と悟った人との違いについて思うこと。

僕は聖人といわゆる悟った人とは、別物だと思う。
聖人は悟った人ではあると思うが、
悟った人がかならずしも聖人であるとは限らない。
悟った人は人類史上、数え切れないほどいるだろうし、
この時代においても数え切れないほどいるかもしれない。
でも多分、聖人はずっと少ない。

そういうと、悟った人でさえすごいのに、
聖人はそのさらに上だからとんでもない境地だなと思われるかもしれないが、
そういうことではなくて、別に悟った人は偉くもなんともないということ。
凡人が0、悟った人が50、聖人が100、とかそういうことではない。
凡人も悟った人も0、聖人がそれより上、ということ。

でも悟った人が凡人とまったく同じだというわけではなく、
悟った人は自分が0だと悟った人だというその点においてだけ凡人と異なる。
つまり、「聖人への歩み」のスタート地点に立った人だということ。
そこに道があることを知り、そこを歩かなければならないことを知った人。
でも、怠け癖のある悟った人もいるだろうから、そういう人はあまり進まない(笑)
で、そこを真摯に歩んで高い境地に達した人を総じて聖人とか言ったりする。
別に境界線はない。度合いの問題。

こういう言い方もできる。
悟った人とは自分がいかに駄目な人間であるかを悟った人。
そして今後も駄目さ加減を色んな出来事に触れ痛感していく人(笑)
その駄目なところを一個一個なくしていった人が聖人。
でも、自分の駄目なところにどれだけ出会うかは縁次第だとも言えるから、
怠け悟りの人を別に責めることはできない。
そういう意味では、人間は聖人を目指すべきだと言える一方で、
お前は聖人じゃないから駄目だとかは絶対に言ってはならない。
言ったら僕は怒る。

もうひとつ、こういう言い方もできる。
聖人とは、自分の「変な癖」がだいぶ取れてきた人のこと。
悟った人とは、自分が「変な癖」を持っていることに気がついた人のこと。
そしてそれに出会っていく人のこと。
聖人になっていく過程とは変な癖をなくすことなんだと思う。
そうすると聖人は画一的な人間になることかという気もするが、
不思議にそうではないんだろう。
その辺は実際に聖人に会ってみないとわからない。
むしろ、もっとも自分らしく振る舞える人ではないか。
どうもこういうと僕の領分を越えてしまうのでしっくりこないが。

悟りを開くと初めて聖人への道のスタートラインに立つことができる。
というか、立っていることに気がつく。
気が付いていないというのが悟っていないということ。
本当は皆立っている。

で、これでわかるように、悟った人にも色んな人がいる。
皆悟ったことは同じなのに、その人たちで言っていることがずいぶん違う(笑)
歴史上色んな自称悟った人がいるが、言っていることがばらばらなのはなぜか。
これが合っているかはわからないが、最近こう思う。
悟ったからと言って、視力がよくなったわけではない。
真理が仮に猫の絵みたいなものだったとして、
視力の悪い人は、それを「これは虎の絵だ」という。
あるいは「犬の絵だ」、もっと悪い人は「乗り物だ」「建物だ」「家具だ」。
サングラスをかけている人は違った色に認識するかもしれない。
その辺の視力の悪さ、サングラスの色の濃さなどが、いわゆる個性であり、
変な癖。これまで築き上げてきた変な癖。
聖人になっていくとは、個性的な見方を脱却していって、
なるべく純度の高い目で真理を捉えていくこと。
「なるべく」。つまりこれで終わりというのはないのではないか。

で、不思議なことに、現実世界では猫を絵を虎の絵だと思いこんで
話をしていると、色々と矛盾が生じてくるのに、
なぜか精神世界においては矛盾なく世界が成り立つ。
虎の絵として見るなら、虎の絵の世界がそれで成り立ってしまうのだ。
理解度に応じて徐々に世界がその姿を現してくるのではなく、
パッと見ると、パッと世界がもう目に映るのだ。
ネットの回線が遅いと画像が上端から段階的に現れてくる。
「何か獣の耳みたいなのが見えたぞ」
「ああ、それは猫だよ。でもその下が見えない」
「その下も普通に猫でしたよ」
悟った人においてはこういう会話はなされない。

パッと見るとパッと絵が全部映る。
でも、それが虎とかに見えてしまう(笑)
でも、その人は確かに絵の全体を見ているし、
それはどう見ても虎だし、「虎だ」と言ってしまう。
そこへ、「犬だ」という人が現れたら。
お互い視力がまだ悪いですねという話ができればいいが、
その辺の理解がないと喧嘩になってしまうのではないか。
(そういう僕は何様のつもりか。)
宗教戦争とかも大まかにいうとそういう仕組みだろう。
といっても、多分こういうことは悟った人ではなく、
「その周りの人」「その後の人」達によって引き起こされているように思う。

凡人も世界を自分なりに理解しているのは当然同じ。
見たいようにしか見えない。
皆それぞれ自分の(精神)世界を語り、その世界を生きる。
それは幻というにはあまりにもリアリティのある世界。
だってそこに確かに世界が成り立っているのだから。
別に嘘はついていない。見たままを語る。
でもなぜか他者と通じ合えない。
それがかけているメガネのせいであったと気の付いた人が悟った人、
というところか。

これが今のところの僕の精神内界。
出来上ってます。
でも、明日には全くの別世界に移住することになるかもしれません。
でも僕は別に悪くない(笑)
別に嘘をついているわけではないし、人を騙したわけでもない。
お前のせいでえらいことになったと言われたら、
「すいませんでした!」と言うしかないし、悪いなとは思うが、
でも、別に僕は嘘をついたわけではない(笑)
純度の高い本音が言えなかっただけで。
曇り切った本音を言っただけであって。
盲であったことには謝るが、嘘つきであるとは濡れ衣だから。
結局皆そうで、別に嘘つきの罪を恐れることはないと思う。
何を言ってもいいと思う。
間違ったことを言うなと言われたら、
いえ、濁って淀んで歪みきった、紛れもない正解です、と心の中で言えばいい。
スポンサーサイト
固定観念を壊す | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/05 22:11
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。