スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

子と個と

僕は本当は誰でもないんだが、この身体を与えられた。
「個」として存在することになった。
その有り難さ。

本当は誰でもないんだ。
だから別に親と言っても本当は親でもなんでもないのだ。
でも、この身体を与えられ、「個」として存在させてもらえたこと、
有り難く思います。

「個」となるとは課題を背負うということ。
この課題、大事に歩ませてもらいます。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/22 21:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。