スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

聖地巡礼

今日、京都の吉水の草庵(安養寺)へ行ってきました。
ここは法然上人が浄土の教えを説かれた拠点であり、
またそんな法然上人のもとへ通い詰めた若き日の親鸞聖人が
信心決定(安心を得た)された地でもあります。
言うなれば聖地なんですが、人はほとんどいません。
あの辺り一帯は観光地で、近くには平安神宮、知恩院、高台寺、建仁寺、清水寺という
京都でも有数の観光スポットがあるんですが、吉水の草庵には人はほとんどいません。
行ったのは今日で3回目ですが、今まで人には2人しか会ったことありません。
「東山」の寺々を見下ろすようなやや高い位置にあることと、
それから「普通の小さなお寺」であるということがその理由だと思います。
でもだからこそ僕はここが好きです。
喧騒から離れられます。

本堂(?)は誰もいませんのでしんとしています。
奥から寺の人が家事をしている物音が聞こえてきます。
夫婦であったり親子であったりの会話も聞こえます。
たまに宅配も届きます。
そんな生活感あふれるところがかえっていいです。
知恩院や東西本願寺にも行ったことはありますが、
確かにあそこも心が落ち着き清らかな気分になるところではありますが、
周りの目もあってかどこか羽目を外せない雰囲気があります。
その点吉水の草庵はそこにいると段々なんでも許してもらえそうな気分になってきます。
今日はとうとう大の字で寝ころがり、
ごろごろしながらおそらく2時間くらいいました。

途中で別の参拝客が来たのでそのときは慌てて座り直しました。
その人は何かお経のようなものを唱えていましたがそれが何かはわかりません。
最後に蓮如上人の「白骨の御文」と思われる一節が聞こえてきたので、
もしかしたらその人も親鸞聖人の聖地としてこられたのかもしれません。
やや気まずかったですが、斜め後ろに座って最後まで聴かせてもらいました。
何か話そうかと思いましたが、何となく気まずい目線をお互い交わした後、
その人は帰って行きました。
しばらくの間その人の歌声がお堂の外から聞こえていましたので、
よほど気分が良かったのでしょうね。
いつもああいう熱心な信仰者を見ると不思議な気分になります。
彼の目に一体僕はどう見えただろう。

それからまた大の字へ。
最初はさすがに足は玄関の方へ向けていましたが、
なんとなく本尊の方へ向けたくなってきたので足はあぐらにして反対向きに寝ました。
やってみるとやっぱりそっちの方がしっくりきます。
腹を見せ万歳した格好なので、無防備感アップ。
結局、見性体験(禅用語?)とは音を外のものとして聞くのではなく、
内のものとして聞くということじゃないのか、とか、
今目の前にある阿弥陀如来にしても、法然上人、親鸞聖人という方々にしても、
僕の世界を荘厳するために在って下さる存在じゃないのか、とか
そんなことをぼんやり考えながらしばらくまどろませてもらいました。

帰る段になって、外へ出てみると、
感覚が研ぎ澄まされたのか何を見ても美しく見える、ような気がします。
普通映画にしても写真にしても、見せたいものにフォーカスを当てて背景をぼかします。
でも、寺を出てしばらくの間は世界の見え方が変わってしまって、
何を見てもそれが主役のように感じられ、
すべてのものにスポットライトが当たっているような気がして、
世界は本当に美しいんだなぁとしみじみ思いました。
逆に言えば、今までそれだけ鈍かったんでしょうね。
その感覚は、全部「気がする」程度です。
でもその感覚は大事にしていきたいものです。
すぐに消えてしまいましたしね。
今日は充実した一日でした。
スポンサーサイト
仏教風景 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/24 21:44
コメント

管理者のみに表示
« 投影親鸞 | HOME | 子と個と »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。