スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

願い

相変わらず何のことかわからないだろうが、メモ。


・暇つぶしだったり時間つぶしだったり、楽しみだったり、
そういうことをやって生きていることが嫌だという気持ち。
真実に突き当たりたい。本当の人生をいきたい。今のこれは何かがおかしい、と。
モヤモヤ悶々霧がかかっているような。
手ごたえが欲しい。
打てば響くような。殴れば拳が痛むような。
そういう気持ちと同居している。

・私にとって両親とは何か。
私を生んで下さった方であり、人間としての私を与えて下さった方。
それ以上に何もいらない。
利害を超えた感謝。
感情を超えた恩。

・僕には道心がなかった。
何のために生きるのか。
何のためにこの命をつかわせてもらうのか。
ただ苦しいのが、モヤモヤするのが嫌だから色々考える、
試行錯誤、奮闘して生きる、というのは嫌だ。

・僕には願がない。
願がなくては利他になれない。
利他になれないなら自分が見えない。
いつも被害者意識でいるのはやめろ。
“この難題をどうするか”
一度でも人のことを考えたことがあるか。

・ああ、神さま。
今まで私は誰でもない人間であるかのように生きてきました。
しかし、私は確かに私でした。
私の名を確かに私の名として生きていきます。

・今まで全力を出せなかった。
全力を出して挑んで、報われなかったら怖いから。
人生すべてを賭けたのに、「結局無駄だった」と思うのが怖いから。
そうだな、遠慮していた。手加減していた。
そら、心は晴れないわな。
一度真剣に自分の願いは何か、考えてみよう。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/12 22:31
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。