スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

道徳の授業

小学校で道徳を教えるべきか、また教えるとすればどう教えればいいのか、
ということが問題になっていると聞いたような。
(言ってなかったっけ?)
でも、こんなことは簡単なことで、道徳は教えるべきだ。
というのが僕の意見。そんなのは当たり前のことだ。

そういえば、小学生当時は道徳の授業は嫌いだった。
何を勉強しているのかもはっきりしないし、それ以前に、「あの雰囲気」が嫌だった。
皆で先生の周りに集まり、それを抱えた先生が、「みんな良い子です」というような。
僕は親に対しても先生に対しても、誰よりも「良い子ちゃん」だったけど、
だからこそ、そんな自分が嫌だというのもあって、余計に道徳の授業が嫌だったのだと思う。

道徳の授業に限らず、よく大人は子どもに向かって
「良いことをしてもらったらありがとうと言おう」と教える。
まったくその通りだと思う。
だが、果たして大人が上から言えることか。
むしろありがとうと言うべき場面でありがとうと言えないのは大人の方ではないか。
子どもは余計なことを考えずにありがとうと言う。
そんなことは大人に教えてもらわなくても言う。
むしろ大人に教えてもらって大人の仲間入りをしていくと言えなくなる。

果たして道徳とは大人が子どもに教えるべきものなのか。
何を教えるべきで、何を教わるべきか、その辺りをもうちょっと整理しないと。
道徳は必要か必要でないかなどと、道徳をあまり知らない人たちが
どれだけ議論をしたところで、そんな答えはただのヤジロベー。

なぜ大人は子どもに道徳を教えるべきか。
それは道徳が人間にとって最も大切なものであるから。
最も人間らしいものであるから。
人間は獣でも機械でもない。
だが教えると言っても、ないものを新たに植え付けるわけではない。
生まれたときからあるそれのことを、「それは大切なものなんだよ」と教えるのだ。
大切だとわからなくなったら世の中どうなることか。
それを避けるために教えるのだ。
そういうことに思い及ぶようになった者の責任として教えるのだ。

だから、ありがとうと言えと教えるのではなくて、
ありがとうと伝えたくなる、その心が何よりも大切なのだと教えるのだ。
そしてできるなら、我々大人も道徳を学ぶ一人の人間として今あなたの目の前にいるのだと。
決して、道徳マスターだからその秘訣を授けようというのではなくて、
道を踏み外さないように、己の一番大切なところを見失わないように、
と願う一人の人間として在りたいものだ。

別に不良生徒になろうと人を傷つけようと、そんなことはどうでもいいのだ。
「それは悪いことだ!」、そんなことは言われなくてもわかっている。
わかっていることを念を押してあげるために「それは悪いことだ」と言うのだ。
子どもは白紙でもなんでもない。
大人が善悪の基準を押し付けて「良識ある人間」に仕立て上げているのでは決してない。
むしろ子どもの方が善悪を見抜く目は持っている。
大人は「こういう見方もできるしああいう見方もできる・・・」とか考えるから見えなくなるのだ。
どんな罪を犯そうと、「お前は人間であることを決して忘れるな。忘れてくれるな」と
それを社会全体で説くのが本当の道徳の授業ではないか。
スポンサーサイト
人間観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/28 13:22
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。