スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

どうでも

*あらかじめ断っておきますが、ちょっとした危険思想なので、
真に受けたい人以外はあまり真に受けないで下さい。


最近ずっと頭の中にあったテーマ、『正直』『一元化』。
生活していて感じる、何かが違うという感覚。
「嘘だ」という感覚。「二重になっている」という感覚。
正直でない。
いつもどこかで何かしらの嘘をついて生きている。
湧き上がる正直でありたいとの欲求。

しかしそれが人間業でないのはわかっていた。
言葉というものを使ってものを考える以上、人間には無理だった。
言葉というものそのものが嘘だから。
その無理なことをどうやってやるか、それがずっとテーマになっていた。
いつも「ずれている」。それがずれる前のところに行きたかった。
嘘になる前のところに行きたかった。
それが『正直』という問題。

もうひとつ、『一元化』の問題。
「何のために生きるのか」と言われたところで、「これのため」と答えれば、
自然と「あれ」の可能性も出てくる。
どれだけ強い信念を持っていようと、「自分がそう決めたのだから」という強がりは、脆い。
最終的には「これ」の問題ではなく、「自分」の問題になってくる。
「お前は自分として立てるのか」という問いかけ。
そして残念ながら「自分」という存在はこの問いに究極的に答えることはできない。
その無念。

思うに、「自分」と「人生」と二つに分かれてしまうから
「覚悟」なり「信念」なりが必要となり、息苦しくなってくるのだ。
どんどん「自分」に責任がのしかかってくるが、それに応えられない「自分」の脆さ。
いや、「思うに」というより、体の要求として、もうそれが嫌でたまらなくなった。僕は。
胸の辺りがムズムズする感じ。何かがつかえている感じ。
「ずれている」「嘘だ」という感じ。
それは、体から発せられた『一元化』の要求だった。
「自分」も「生きなければならない人生」も一つにする。
一つにするというか、一つの「収まる」。
自然なあり方として、一つの帰るべきところに流れていく。
「自己」も「人生」も生まれる前の一番自然なところに流れていく。
体のレベルでそこに向かっている。それが『一元化の要求』。

この辺までがブログには書いていないが最近考えていたこと。
で、ここからが今日思ったこと。

・何をしたところでしょうがない。その感覚。
何をしてもむなしい。それは間違いではなかったのか。
その感覚に導かれていたのだ。
呼び声。しかしそれをはねのけていた。
「世界を捨てる」「自分を捨てる」。わかってきた。
そうせねばならないことがわかってきた。

心の深いところの要求として、何もしたくなかった。
でも、意識はいつも浅いところにあるから、何かしたかった。
世界は捨ててはいけなかった。自分も捨てたくなかった。
だから必死に捨てないように、守ろう守ろうとしてきた。

どれだけ手を伸ばしても、掴みとろうと振り回しても、
どこにも手ごたえがないのはわかっていた。
だからこそ何もできなくなっていた。
それでも、この手がやがて何かに触れるのを願っていた。何らかの形で願っていた。
願いはとうに捨てていたが、怨念がまだしがみついていた。
いつもいつも悪い方に誘導し、誘惑し、この「なんか違う世界」を「よし」とさせてきた。

それは「何もない」と「ある」との戦いだった。
戦局は圧倒的に「ない」に傾いていた。
そしてとうとう「ある」は今降参寸前にまで追い込まれた。
それでわかったことがある。
「ない」が勝つ運命なのだ。

ふり返って思うに、僕は世界を背負っていた。
しかし、いくぶんかでもそれを降ろしてみると、
よくいう「捨てる」ということがわかった気がする。
よくある「滅し終わる」とか「放ち去る」とか、そういう表現を使いたくなる訳がわかった。


・すべて諦めてみようか。
すべて他人。すべてどうでもいいこと。
自分でさえもどうでもいい。
この体の感覚も、感情も、考えることも、すべて他人。すべてよそ者。
ずっと感じていた。自分の自分でなさ。
体にまとわりつくこの世界も、こうして流れる時間も、すべて他人。
この世界は幻。
どうでもいいことしか起こっていないのだ。

こういう気持ちになってみて初めてわかった。
僕は世界の世話を焼こうとしていた。
しかし、それが逆にこちら側の甘えだった。

自分なんか他人だし、他人なんか、つまり世界なんか、どうでもいい。
感情的に繋がろう繋がろうとしていた。それが善いことだと思っていた。
でも、いざどうでもよくなってみると、以前より情は深くて理は太くなった気がする。

僕はこの「どうでもいい」を徹底しなければならない。
それだけはわかった。
もう体がそれしか許してくれない。
それなのに意識はそれに反するから、引き裂かれた体が痛々しい叫び声を上げる。
坐禅でも念仏でも何でも、とにかく何か見つけてやらねばならないかもしれない。
僕自身のあらゆる努力は「どうでもよくない世界」を守ろうとすることに費やされてしまう。
だから僕による方法でないものに拠らなければならない。
スポンサーサイト
ふっきれ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/01 20:52
コメント

管理者のみに表示
« 本音 | HOME | 道徳の授業 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。