スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

駄目な奴

真理を求めないようになって、僕に何が残ったかと言うと、
僕はクズだなということ。僕は本当にクズだったんだな。
ずっと一人前になりたかったし、そうなろうとしてきたし、
そうなれない自分を恥じたり隠したりしてきたけど、
事実として、僕は駄目な奴だったんだな。

一人前になりさえすれば、今問題となっているあれやこれだって解決できる。
だからそうなるんだとずっと頑張ってきたけど、
結局一人前になったとしても、そんなものは死ねば消える。
解決した問題もできなかった問題も、死ねば消える。その程度のものだったのだ。

何とかなりさえすれば、と努力することによって免罪符を得ていたのだ。
今は駄目だがいずれ何とかする、と思うことで今を肯定しようとしていたのだ。
本当はただできないという事実があるだけなのに。
現実をありのまま受け入れられないから無理に肯定する必要があった。

が、現実は、僕はしょうもないやつで、しょうもない人生を送っているのだということ。失敗だらけ。
浮かび上がってくるのは間抜けな自分。ああ、僕は間抜けなんだな。

僕としてはどちらかというとプラスの意味で書いているこの文章も、
普通に読んだらかなりマイナスなものと受け取られてしまうのだろうなと思うとちょっと怖い(笑)
真理にすがるのをやめたら、僕の人生に何が残る。何にも急かされなくなったら何が残る。
何かを目指して生き、何かに願いをかけて生きる、そういうものを取り去ってしまったら、
人生何が残る。
ただただ愚鈍な自分。愚鈍ながらも生きている自分。
ただただ情けない自分だけが残る。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/18 22:10
コメント

管理者のみに表示
« 言葉 | HOME | 人間と呼吸 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。