スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

言葉

世の中にはいろんな“正しい考え”がある。
生き方の指針とかそれ以外にも。
こうすべきだ、とか、自分はこうしている、とか。
そういう考えは大宗教家とか大哲学者とかに限らず誰でもが持っている。
が、それを言葉という点に限って言うなら、どれも戯言に過ぎないというのは言えると思う。
言葉そのものに決まった価値はなく、すべては受け取り手次第なのだ。

成熟した人間のいう言葉を要約すると大体「そのままでいい」に落ち着くと思う。何もするなと。
だが、受け取り手はそういう言葉を見ると、「何もするな」を「する」ようになる。
それを行動や人生の指針にしようとする。「何もするな」の奴隷になる。
「何もしない」を実践し、うっかり何かしてしまったときにはいけないと修正し、
人に「何かしている」と指摘された時には自分はいかに「何もしていない」かを主張し、
そうやって、自分は「何もしない」を忠実に実行していると思い込もうとする。

これは何をしているかというと、自分はセーフゾーンにいると思いたい結果なのだ。
「何かをする」とアウトになる。でも自分はしない。だから自分はセーフなのだと。
「何もするな」を例にとっただけで、これはどんな教訓にも当てはまる。どんな理想にも。
自分は正しいものをわかっていて、できている。
間違った人には間違いだと指摘できるのだから、自分はできている。
できないときもあるが、それを修正しようとしているし、
今はできていないというだけで長い目で見れば、できている。
自分は正しい、自分は大丈夫なのだ、安心していいのだ、安心する権利があるのだ、と。
心から「自分は正しい」なんて思える人はそうそういないかもしれないが、
自分は正しいと思っていない人間など多分いない。
皆何かしらプライドを持っている。何かしらの点において自分を慰めている。

そういうセーフとアウトの二極の間でしか生きられない人に、
「欲を出すな」「清くあれ」「自立しろ、自らの意志を持て」と言う言葉を見せたところで、
どうせその言葉はセーフになるための餌としてしか利用されない。
「それを実行している自分」を保つことによって。
だが、セーフは常にアウトになる予感を漂わせているし常に心は不安で騒がしい。
皆そうなのだが。

そういう人に対して偉人達は「何もするな」と言ったのだ。
「セーフになろうとするな、しなくても既にセーフなのだ」と。
人生訓なんかに騙されるな、道徳なんかに踊らされるな、何もするな、と。
そういう次元に立って初めて、「禁欲しよう」などの選択肢が現れるのだ。
そこで人生訓も生きてくる。

この文章にしても、「セーフになろうとするな」という言葉自体が、
自分を計る物差しになり得る。
もし僕の言葉を真に受ける人がいたとしたら、その人は自分を省みて、
自分はセーフになろうとしているだろうか、いないだろうか、
していたらアウト、していなかったらセーフ、と確認する。
自分は大丈夫だろうかと不安になって確認する。

「するな」も「しろ」もそういう怖さを持つ。
本物の金言は「そういうのをやめろ」と言っているのだ。
だが、この言葉自体はどうしても誤解される運命にある。
「やめろ」と言われたら否定された気分になる。
だから、「いえ、やってませんよ、セーフですよ」と、そういう思考でしか受け取れなくなる。
すべてを糧にする。自分を肯定するための。
そして、そんな自己中心的な自分は駄目だ、とまたセーフ衝動が動き出す・・・。
が、何もしなくてもいいわけだし、逆に何をしてもいいわけで・・・。
・・・終わらない。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/20 21:34
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。