スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

重力

まっすぐに立つ。
身体にかかる重力を感じる。
日頃どれだけ大地に身体を預けていなかったかを思い知る。

いつも、崖から落ちているような感覚だった。
地面が欲しい。立つことができる地面が欲しい。
根なし草どころではない。まるで宇宙を漂っているよう。
上も下もない。当然北も南もない。どこを見ても真っ暗。
真っ暗だと対象がないのだ。「それ」がないから物の位置が定まらない。
ひたすら流されているようで、流されているのだと確かめる物も見つからないから、
本当のところ自分がどうなっているのかもわからない。
崖から落ちているのなら、いっそのこと早く地面に衝突したかった。
衝突すればそこが地面だとわかる。
基準が定まればそこからすべての物の位置を測ることができる。
落ちて初めて、「自分が落ちていた」のだと説明できるようになる。
物を測り、自己を定めることもできる。

そういうことは今までこのブログで何回も言ってきた。
まあ今も思っているのだけど。

でも、地面はあったのだ。
普通に立っているこの地面が。

神を欲していた。真理を欲していた。法を欲していた。絶対の法を。
それは、従いたかったからだ。
正しいものに。
正しいものに従うことによって自己を規定できる。
正しいものに根差すことで、自己を肯定できる。
人が作ったものには従えなかった。
「それ正しいの?」と問われれば、
「そういえば、本当に正しいのかなぁ」と疑わざるを得なくなるからだ。
だから自己を疑わなくても済む絶対のものが欲しかった。
絶対的に自己を規定し、肯定したかった。
そのための尺度が欲しかった。

欲したのはそれがなかったからだ。
どこを探しても見当たらない。
また、どこにもないということもわかっていた。

自分を貫いてくれるもの。
自分を導いてくれるもの。
絶対的に自分を従わせてくれるレール。
ここを歩いていれば安全というレール。

まるで無重力だった。
どこからも「呼ばれない」。
こちらへ来いとも。あちらへ行けとも。
自分に指図してくれる何者もなかった。
あるのはただ「相対者」の言葉だけ。「絶対者」ではなかった。

でも、無重力ではなかったのだ。
当たり前か。だって地球には重力があるのだから。
自己を従わせるものなら確かにあったのだ。重力が。
引かれていた。確かに「落ちていた」のだ。

基準を探していた。自己の位置を定めてくれる。
でも、そんなものないのだと諦めがついてくれば、確かに最初から大地があったのだ。
ずっと衝突していたのだ。
この身体が自分なのか。大地と接する足の裏が自分なのか。それとも大地そのものが自分なのか。
そんなことはどうでもいいのだ。
そんなことはどうでもいい次元で、確かに何者かが大地の上に立っているという事実がある。

最近のこれは諦めの境地なのだろうか。
このまま死んでもいいと思っている。
このままでは死にたくない。こんなあやふやなままでは死にたくない。
こんな中途半端なままでは死にたくない。
人生の何たるかを突き止めるまでは生きたという気もおきないし、
それを掴む前に死んでしまってはきっと、死ぬに死に切れない。
そうやってそれを「力」に生きながらえてきたのだ。
どこからも引っ張ってくれる力が存在しないから、
仕方なしに、「突き止める」という大義名分を自分で用意して、それにすがって生きてきたのだ。
「まだ」でなければ「未来」がない。「先」があると「今」からベクトルを伸ばすことができる。
「課題」を持つことで「すべきこと」という自分を規定する尺度を簡易的に適用できていたのだ。
物を観測できれば観測者の位置も定まるしね。
「今はまだ駄目なのだ。今はまだ中途半端なのだ。」
その言葉を利用して、自己をなんとか保とうとしてきた。
いや、保つどころか、最初からずっと手に入れようとしかしていなかったのだ。
自分自身に欺かれていたのだ。

が、もうこのまま死んでもいいと思うようになってきた。
こんな自分では嫌だと思ってるけど、そんな自分のまま死んで行こうと思うようになってきた。
重力。なすがまま。
この辺のことが、意気込みとしてではなく、素直な感想として思えるようになってきた感がある。
ただ、今自分に覇気があるかというと、まるでない。これまで通り。
それでも、これまで覇気がないのに何とか自分を奮い立たそうとしていたのが
よくわかるポジションではある。
今まで立っているようで立ってはいなかったのだ。
本当に「立つ」とは脱力すること。重力に身を委ねること。
中途半端に立とうとするから、「立っていない」が起こる。
重力に任せた分だけ反作用が働く。それが均衡というものだろう。
本当に運命に引かれるなら、反作用で立てる。
下に引く力と反発して上に伸びる力。
どちらが自分かは何ともいえないが、とにかくそういう現象は確かにそこに存在している。
スポンサーサイト
決意・覚悟 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/12/17 22:05
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。