スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

「僕は思う」

「僕は思う」というセリフについて。
何か意見を言ったり書いたりするとき、最後に「~だと僕は思う」と付け加える。
断定したくないときに。
説教めいたことを言うとき、「こうしなさい」とは言わずに「こうした方がいいと僕は思う」と言う。
それがフェアでもあるから。
でも、それは果たして優しさとか責任感だけで出てきた言葉か。

自分の意見にどれだけ自信があろうと、それが絶対に正しいとは限らない。
特に、人生に関することだったら、これは紛れもなく経験がものを言うし、
まだまだこれから経験を積む余地があるという認識を持つ以上、
現時点での「正しい」をそのまま「正しい」とは言えない。「正しいと思う」と言う。
それが相手への礼儀でもあり、また、自分の良心に応えることでもある。

それから、本当は自信があるのだけれど、「控え目」という美徳のために断定を避ける場合もある。
あとは、皮肉として謙虚アピールする場合もある。わざと控え目になることで、相手へ仕返しをする手法。

他にもパターンがあるかもしれないけど、大体そんなところか。
とりあえず言えるのは、これは気配りとか良心に従っているというよりも、
保身と言った方がいいのではないかということ。

あえて断定を避けているのではなくて、断定する勇気がないからしないのだ。
大体、自分の意見を発する以上必ず「僕が思っている」のだ。表明してもしなくても。
「これが正しい」と言ったところで、それは必ず「これが正しいと僕は思っている」と言ってるのと同じこと。
それなのに、「絶対の正解」が頭をよぎり、保身を図る。
どうせ自分の言ってることなんて正しいか間違っているかどちらかなのに、
外れたときの保険として「と僕は思う」と付け加える。

相手に「こうしなさい」と言って相手がそれに従い、後になってそれが誤りであったとわかった場合、
「僕がそう思っただけで、『本当』はそうではなかったみたい」という言い訳をするため。
『本当』なんてどこにある。
『本当』を口にできるのか。どうせ言うことはみな「僕の考え」に過ぎないのに。
わざわざ「違うかもしれません」なんて言う必要ないのに。
違ったら違う。合ってたら合ってるとその時点で答えはでているのだから。
答えは発した時点で出ている。
なのに、「思う」というフィルターを通すことによってまるでそれを左右できるかのような錯覚に陥る。
本当のところ、「正誤」も「善悪」も大したことではないのだ。見方によってどうとでもなるから。
むしろ問題なのは、「思う」という武器を使うことによって自己を特権階級に置こうとすること。
主人公視点を保とうとすること。

常に「正解」に依存しているこの姿。
堂々と「自分」ではいられず、「正解」に頼ろうとする。
自立できず、どこかにあるであろう確かな宿主に寄生しようとフラフラ。

素直に「僕は思う」と言いたい。
思っているから思っていると言っただけ、というのを。
「思う」という言葉を「書く」とか「持つ」とかと同じ、単なる動詞の一つとして使いたい。
特殊な地位から引きずり降ろしたい。
そういう意味では神なんていない。
でも、素直に「僕は思う」と言える人は、もれなく神や世界を信仰している人だろう。
神の機嫌を窺わなくなった人こそ信仰者だと思う。
話が逸れたかな。
スポンサーサイト
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/12/27 23:04
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。