スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

2014年後半思ったこと。

これから新年を迎えるというときに書くことではないかもしれないけど、
でも、今年の後半どんなことを考えていたかということをほとんど書いていなかったので、
やっぱり今日書いておこうかと。

「世界がどうなろうと知ったことではない。もういい。ほっといてくれ」と思っているときでも、
「う~ん、やっぱり死のうか」と思っているようなときでも、
幸せがすぐ近くにあるような、そんな匂いを感じるときがある。

やがてくる幸せではなくて、今現にある幸せの存在に感づいた、というような。

こういう言い方をすると、「見ようとしないだけで、
今どれだけ自分が恵まれているかに目を向けなさい」と言っているような気がするけど、
決してそうじゃない。
むしろ、僕はそういうセリフは極力言いたくないタイプの人間だから。

恵まれていようと、地獄にいようと、
そんなことに関係のないところに幸せというものはあるんじゃないかなと思う。
「~だから」幸せなのではなく、幸せはそれ単体で存在するのでは。
理由も損得もなく。

感情と不幸はリンクしてない。昨日の晩そう思った。
どんなに苦痛の中にあろうとも、反対に喜びの中にあろうとも、
そんなことと幸せとは直接的な関係はない。

人生に絶望し、これから自殺をしようとするそのときでも、
その人はその状況の中に幸せを見出すこともある。
例え、見出しつつも自殺を実行しようとも。

だから、自殺者を不幸と決めつけるのは良くない。
もしかしたら自分の人生を肯定しつつ、亡くなっていった可能性もあるのだから。
人生を肯定しつつも死を選ぶ人と、肯定し死を避ける人との違いがどこにあるかというと、
幸福感が第三者(神)への感謝に結びついたかどうかによるんじゃないかと思う。
それが信仰というものの正体だろう。

苦しい状況の中にあると、自分が今不幸の中にいると思い込む。
あってはならない状況にあるのだと。道を逸れてしまったのだと。
でも、その道こそが本道だとも言える。

神はその道へ行けと言った。
多分、神は、自殺者に「自殺しろ」と言う。
そして「よくやってくれた」と言う。

同時に、自殺を思い止まった人にも、「よく思い止まってくれた」と言う。
要するに、絶対肯定なのだ。
何をしようとも逃れられない。

かなり語弊があるし、どういう意図で僕がこれを言っているかは伝わらないだろうけど、
神を人格化するとこうなるんじゃないかなと思う。

「不幸だ」という感覚は思い込みによるものだ。
辛かろうと、人生の本道から逸れたわけではない。
私怨により人を殺めようと、それが神の道に従うことでもあるわけだ。
でも、「最初からすべて決まっている」とはあまり言わない方がいいというのが一番のポイントでもある。
「決まっているだろう」と言われると、「決まってなんかいるものか」と言いたくなる。
多分、どっちも正解だ。

それでも、あんまりこういうことを言ってると、
前向きになろうとして書いてるように思われてしまうような気がして、それはちょっと気に食わない。
こんなにため息ばかりつきながら書いているのに。
はい、今年はこれで終わり。
スポンサーサイト
人生観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/12/31 19:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。