スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

修行マニア

世の中には修行マニアというものがいる。
自分を痛めつけて精進して、痛めつけて精進して、ってそうやってしか生きられないマゾヒスト。
まぁ、僕がそのタイプなんだけど。

根っこの部分ではそうなんだと思う。
修行らしい修行は全然したことないけど、タイプとしてはそういう部類だと感じることが多い。
変な話だけど、自分を責めると安心できるのだ。
「耐え難い苦痛」に耐えてるときこそ、ある意味最もイキイキとしているのだ。

あとは潔癖癖。これも修行マニアの特徴だろう。
自分の過ちを訂正し、間違った習慣を改めて、一歩一歩前進していく。
自分との闘い。誰にも気付かれなくても、一歩一歩着実に歩んでいく。

・・・とそういう「キャラ」になりきれているときはイキイキしてる。

修験者とかにこういうタイプの人間は多いんじゃないかなと思ってる。
僕もたまにものすごく心が引かれることがあるのだ。
「ああ、『精進』のみを求めて生きていけるような『清い』世界に行きたい。
 そんな世界で生きられたらどんなに幸せだろうか」と。

前世は修験者だったんじゃないかとわりと本気で考えたこともある。
そして多分その修験者のときに思ったのだ。「もう二度と修験者になんかならない」と(笑)
だって、一皮むいてみたら、ただのマゾヒストなのだから。

「(真面目な)修行僧」というと、世間の人のイメージとしては、
「はあ、御苦労さまです」という感じの、別に憧れもしないけど、自分を厳しく律している、
(変わり者というニュアンスを含む)「偉い人」という認識かなと思うんだけれど、
で、修行僧の方もそう言われてまんざらでもないような感じになるんじゃないかなと思うんだけど、
でも、この人は本当はそんなに大層偉いわけではなくて、
ただ、そうやってしか生きられないだけの人なのだ。
というか、そうやって汚いものを洗い流し洗い流ししても、
まだ駄目だ駄目だと言って、結局清い世界では生きていけない哀れな人なのだ。
そういう暗いものを最奥に秘めながらも、
人に会って「へえ、よくそこまでやりますねぇ」なんて言ってもらえると、
「俺はこの世に不満なんて何ひとつない」なんて本気で思ったりする。
人を誤魔化すんじゃなくて、自分自身を誤魔化してる。

「自分にはまだこんなに駄目なところがある」と、普通は気にしないような細かいところも反省して、
常に自らを追い込むストイックな姿に、実は自分自身惚れていて、
そうやって惚れている間だけは生きていけるような気がするのだ。
でもこれは誤魔化しているに過ぎない。
本当はいつも「生きられてない」と感じているのだ。

「改めなければならない」と思うことによって生きる推進力を得てる。
「成長してる」と思うことによって、得てる。
そうやってしか自分の存在価値を実感できないのだ。
厳密には「実感をキープしてる」のではなく、「実感を得ようとしてる」のだが。
止まると死ぬ。だから走り続けねばならない。
これはこの間も書いた通り。
スポンサーサイト
人間観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/02/09 21:48
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。