スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

幸せの定義

幸せとは。
幸せな出来事があったときに幸せになるんじゃなくて、
生きてること自体が幸せなんだと最近思う。
『「生きてること」は稀有なことだし、楽しいことも悲しいこともあるけど、
それらがあるのは生きているからこそだ。「だから」幸せなのだ。』
っていうのとは違う。
○○だから幸せだっていうのじゃなくて、
生きてること=幸せ、なんじゃないかと。

生命とは何か。命とは。
「生命」の定義の中に「幸せ」も含まれてるんじゃないか。
幸せとは生命のとる表現の一つではないのか。

生きてるということそのものが歓喜でもある。
花をみるとよくわかる。
花は全身で歓喜を表してるように見える。
あれが命のわかりやすい姿ではないか。

生命の歓喜、それが幸せなんじゃないかって思う。
だからあんなことがあったこんなことがあったというのとは関係のないものだと思う。
少なくとも今の僕の中ではそう定義されてる。
スポンサーサイト
人間観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/21 21:00
コメント

管理者のみに表示
« 思い込み | HOME | 変化 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。