スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

あげる

久しぶりの更新だというのに、一度書いたらさらに書きたくなることが出てきて
ちょっと面白い。

今までの僕は自分がどう見られるのかを大きく気にしてたんだなぁ。
言葉というものは自分を装飾する飾りのようなもの。
話の内容やそこから伝わる僕の人生観、思想みたいなものもそう。
全部僕を表す。
だから気を遣っていた。

自分を大きく見せたい気持ちもあるけど、それよりももっと気になっていたのは
僕を誤解しないでほしいということ。
わかってほしい。

自分って大事だもんね。
その自分って関係性の中でしか実感できない。
人に認めてもらうことでしか実感できない。
人がいてくれないことには。

ずっと、僕を見て!僕を見て!って言ってた気がする。
恥ずかしい。

おかしな文章書くと恥ずかしいなって気にしてたけど、
おかしな文章でも人に伝わることもある。
きちんとした文章でないと伝わらないと思ってたのは、
本当には相手に伝える気がなかったから。
ただ見せたかっただけ。

人に教えてあげたり助けてあげたりするには、それなりのものを持たないといけないと思ってた。
資格が必要なのだと。
あげられるだけのものを手に入れていないなら、あげようとすべきではないと。
でも、僕が持っているだけのものは与えられる。
その値打ちは知らない。
僕が持っている以上でも以下でもない。
持っているだけのものはあげられる。(だから人からももらえる。)

二十歳の頃の僕は、もっと自信家だったよ。
明確に、こういう人にこれを伝えたいっていうのがあった。
でもいつからか自信をなくし、というか自分というものそのものが揺らぎ、
誰にも何も伝えられなくなった。
それでも日々思うことはあるからブログとかにこっそり書いたりしてた。
ひとりごとっていう形で。
日記をネット上に書いておきますから、よければ見て下さい。
で、密かに誰かのためになれればいいなという狙いもあったり。
とりあえずばら撒いておきますからあとはもうおまかせします、という。

そろそろ変えどきなのかな。こういうスタイル。
だってもう自分を見せる必要はないって思い始めてるもん。
自分の言いたいことを自分のために言うのではなく、
誰かに伝えたいことをその人のために言いたい。
言葉が稚拙だろうが内容が未熟だろうがそこはもう気にしないよ。
相手が喜んでくれたら嬉しいし、そうでなくてもあまりがっかりはしたくない。
こう言うとまるで善人の言葉のようだけど、
言ってること自体はごくごく当たり前のこと。

本当のことを言うと、あげようとしなくてもいつもあげてるんだと思う。
でも意図をもってあげようとしたら、もっと素敵だと思う。
スポンサーサイト
他者 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/24 23:06
コメント

管理者のみに表示
 | HOME | 言葉 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。