スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

金子みすゞ『芝草』

再び金子みすゞの詩です。


  『芝草』

 名は芝草といふけれど、
 その名をよんだことはない。

 それはほんとにつまらない、
 みじかいくせに、そこら中、
 みちの上まではみ出して、
 力いつぱいりきんでも、
 とても抜けない、つよい草。

 げんげは紅い花が咲く、
 すみれは葉までやさしいよ。
 かんざし草はかんざしに、
 京びななんかは笛になる。

 けれどももしか原つぱが、
 そんな草たちばかしなら、
 あそびつかれたわたし等は、
 どこへ腰かけ、どこへ寝よう。

 青い、丈夫な、やはらかな、
 たのしいねどこよ、芝草よ。


[↓クリックして応援して下さるとありがたいです]
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
金子みすゞ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/04/25 20:25
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。