スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

でも僕らは普通に「人間」だった

おそらく自粛というよりは、
みんなどうしていいのかわからなくなっているんだと思う。

テレビ番組もCMも震災前のものに戻ってきたが、
それでもあの震災によってもたらされたものは決して消えてはいない。
心の中の何かが崩れてしまったような感覚。

震災に遭っていない僕がこういうことを言うと
もしかしたら失礼になるかもしれないが…。

テレビ番組は再開してきているとはいえ、
おそらく今までのようなものとは内容が少しずつ変わっていくと思う。
電気に関する考え方も当然変わるだろうし、
「生活」そのものに関する考えも変わっていくと思う。

今までの生活が少し地に足がついていなかったというか、
ある意味で現実離れしていたところもあると思う。

でも僕らは普通に「人間」だった。
ああいうことがあるとそう思わざるを得ない。
多分日本中でそんな思いが溢れていると思う。

こういうときに一番必要なのは宗教だろうが、
現状それも難しそうだから、一人ひとりが気を引き締めるしかない。

盛り上げようとしてもカラ元気になってしまうかもしれない。
きっと皆自分の心を持て余している。

だからやっぱり改めて
「本当に大切なことは何なのか」
「生きるとはどういうことなのか」
について考えていかなればならないと思う。
別に部屋の中で思索に耽れということではなくて、
日本中の意識をそこに集中させていくべきだと思う。

自ずとそういう風潮ができてくるとも思うが、
やっぱり意識してそうしようとするべきだと思う。


[↓クリックして応援して下さるとありがたいです]
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
世の中 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/04/17 15:30
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。