スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

神社コワイ

神社について。
僕は一人で神社に行くのが怖い。行くのはいいけど、行くと怖くなる。
特に山奥の下界と切り離されたようなところにある神社は。

後ろめたいところがあるから。
堂々と太陽の下を歩けないような罪悪感が日頃からあって、
それが神社の前だとかなり強く現れてしまう。

自分なんかが神聖な場所に来て良いのだろうか。
もし何らかの神様的な存在がいらっしゃったとしたら、
僕なんかは一番に罰されてしまうのではないか。
そういう存在があるのかないのかはわからないけど、
もしあったとしたら、これは大変なことだ。

という風に。

神社に対してそういうモヤモヤがあったのだ。
でも、この間一人で神社に行ってみたら、そのモヤがちょっと取れてきたような気がした。

僕が恐れていたのは神という概念。頭の中にしかいない存在。僕の頭の中にしか。
存在というよりも概念。「机」、「椅子」という言葉と同じ。
ただの音であり、それそのものの中には神はおろか何の情報も含まれてはいない。
意味づけてるのは僕。
勝手に意味付けて、勝手に怯えてる。

「確かにそうかもしれない。でも、もしそうじゃなかったとしたら?
もし、その概念とは別に、神という存在があったとしたらどうする?
その神が神を侮るなと怒っていたとしたらどうする?」

こう言う声があるから今までモヤが晴れなかったのだ。
この声もただの音じゃないか。思考という音。

それはともかく。
神社というのは己の心をよく映してくれるんじゃないかな。
大体の人がピシッとしたくなるだろう。
多分、神社の本殿で本気で悪さをできる人はいない。
できるとすれば、それをしようと頑張ったからであって、「本心」はビビってる。
そのピシッとさせたりビビらせたりするのがいわば神社のパワーなのだ。
パワースポットっていう言葉もあるけど。
霊的なパワーとか神秘的なパワーとかそんなあるのかないのかよくわからない説明しなくても、
自分が神社に行って厳かな気持ちになったのなら、それがパワーなのだ。
(「神社」そのものにパワーはない。それもただの音に過ぎないのだから。)

ピシッとしたときに己の心がよく表れる。
僕が神社を恐れるのは、普段の罪悪感を「神社」に投影してるだけ。
投影して増幅させてるだけ。
そういう人間に対しては、そこにおわす神も「この馬鹿者が」とお怒りになるだろう。

でも、反対に神社に行くとあらゆるものに対する愛情と感謝の念を深める人もいる。
そういう人に対しては神は「よく来たね。加護を授けよう」と言って下さるだろう。

上手く説明できないけど、今までここのところがよくわかってなかったんだ。

これは「神」という音ではないのか?神はいるのかいないのか?
いると言えばいるし、いないと言えばいない。
いると思いたい人にはいるし、いないと思いたい人にはいない。
音に過ぎないし、幻だけれども、
「神」の幻を暴くにはまず「自分」の幻であることを暴かねばならない。

これはまた追々詳しくわかってくるだろう。
とりあえず、僕個人の話として、この間神社に行くことによって、
神社や神に対するモヤモヤが晴れた気がした。
これから晴れていくだろうという手応えを得た。
これを大事にしたい。
モヤモヤって自分の頭の中にしかないし、
減っていけばいくほど頭はすっきりするし、物事もクリアに見えるようになってくるから。

神を恐れる必要はない。少なくとも恐れるべき存在ではない。
神を恐れなくて大丈夫ならどんなものが来ても恐れる必要はなくなる。ましてや、人間など。
人はどんなものに相対しても、奴隷になるべきではない。
自分を奴隷にするような神のもとからは即刻立ち去るべきだ。
自由に伸び伸びと生きること。これに限る。
関連記事
世界観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/07 16:48

思い込み

余計な思い込みって結構ある。結構どころかかなりある。
しかも、それらはかなりタチが悪い。

僕は幸せになってはいけないんじゃないかって。
満たされてはいけないんじゃないかっていう思い込み。
ほどほどの幸せ見つけられたらいいね、身の丈にあった幸せ見つけられたらいいねって。
色んな悪いことしてきてるし、色んな人に迷惑かけてるから、
それらの報いをちゃんと受けないといけない。
だから、そんなに堂々と胸を張って生きてはいけない。
迷惑のかからない形で、人を不快にさせない程度に、できたら胸を張れたらいいね、
そういうあり方見つけられたらいいね、って。

これが多分一番タチの悪い思い込みなんじゃないかな。
最近変わった変わった言うけれど、何が一番大きく変わったかというと、
これを「思い込み」だと断定するようになったところかなと思う。

のびのびするのが一番!したいことするのが一番!
身の程をわきまえようとしてたのは誰のため?
みなさんのため。
みなさんに気にいられるため。嫌われないため。
それが社会で生きていくということ…ってよくよく考えてみるとそれは本当なのか?
卑屈な人とのびのびしてる人、果たしてどちらが皆に好かれるだろうか。

顔色を窺うのも結局は自分のためだし、どうせ自分のために生きるなら、
自分の本当に心地良いことを追求した方がいい。
それに、本当はポーズなんじゃないのか?
ほら、ちゃんと反省していますよ、ちゃんと真面目に生きていますよ、っていう。
自分の人生を満喫するのを遠慮したのだから、さぞかし利のあることをしているかと思いきや、
そこでしているのは結局ポーズという…。
一体誰の人生かわからない。

そして、ありがたいことに、心地良さを徹底的に追及するなら、
あんまり人様に迷惑かけないようになる。
度の過ぎた悪いことはできないように人間はできてる。
後味悪くなるし。
むしろしたいことしないでしたくないことばかりしてるなら、
そのイライラを消してしまわない限り、かえって周りの人に悪影響与える。
それがわかってもなお、したいことをしないなら、
それは「したいことをしない」というのをしたがってるだけ。気に入ってしまってる。
「僕は卑屈でいたいんです!ほっといて下さい!」っていうわがまま。
でもこの願望はやっぱり盲目から来てるものだと思う。
本当に視界がはっきりしてくるなら、
こういった無駄なしがみつきは自然と減ってくるんじゃないかなぁ。
それはやっぱり、したくてしてるというより、盲目ゆえの「思い込み」に分類されると思う。
間違った思考回路が出来上ってしまってる。

って思うようになった。
人間には、自分に対しても他者に対しても悪いことをすると「不快」に感じてしまう良心と
間違いとわかったものを続けていくことをできなくするだけの悟性?が備わってるとも。
関連記事
人間観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/23 22:51

幸せの定義

幸せとは。
幸せな出来事があったときに幸せになるんじゃなくて、
生きてること自体が幸せなんだと最近思う。
『「生きてること」は稀有なことだし、楽しいことも悲しいこともあるけど、
それらがあるのは生きているからこそだ。「だから」幸せなのだ。』
っていうのとは違う。
○○だから幸せだっていうのじゃなくて、
生きてること=幸せ、なんじゃないかと。

生命とは何か。命とは。
「生命」の定義の中に「幸せ」も含まれてるんじゃないか。
幸せとは生命のとる表現の一つではないのか。

生きてるということそのものが歓喜でもある。
花をみるとよくわかる。
花は全身で歓喜を表してるように見える。
あれが命のわかりやすい姿ではないか。

生命の歓喜、それが幸せなんじゃないかって思う。
だからあんなことがあったこんなことがあったというのとは関係のないものだと思う。
少なくとも今の僕の中ではそう定義されてる。
関連記事
人間観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/21 21:00

変化

復帰したはいいものの、また放置してしまっていた。

最近すごいスピードで変わっていってる。
ちょっと前だったら絶対許せなかったような考え方を
普通にするようになってる。当然のように。
もう何年も前を向けなかったし、向く必要もないと思ってたのに、
やっと前を向こうと思い始めた。
大きな変わりよう。
滅茶苦茶ポジティブになってる。なろうとしてる。
関連記事
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/17 00:59

ネガティブと縁を切る

只今絶賛ネガティブ断ち切りキャンペーン中。
ネガティブな考えとの縁を断ち切ろうと奮闘してる。
断ち切るっていうとあんまり穏やかではないけども。

いつだったか、「人間関係を切り捨てる」というような記事を書いた記憶がある。
今思い返してもあれは間違いではないと思う。
あそこで言いたかったのを今言うとするなら、「ネガティブと縁を切る」ということになる。

僕はもともと日向よりも日陰の方へ意識が向きやすい人間だと思う。
少数派の意見とか人々とか。メジャーよりもマイナー。
だからニュースで事件の報道を見ると、被害者にももちろん同情するけど、
それよりも先に加害者の方に、「ああ、やってしまったか。なんとか思い留まれなかったか」と
こちらにより同情する。これからその罪を背負っていかなくてはならないのだから。
それは可哀想な人を放っておけないということでもある。

だから、ネガティブなものに対して「縁を切る」なんて言うと、なんとなく弱者を切り捨てているようだし、
「弱い者が悪い」と言っているような気さえするけど、別にそういうことじゃない。
「可哀想な人を放っておけない」というこの心は本当に優しさからくるものなのか、というそこの意見の転換。

弱者を放っておいていいのか?
メジャーなものにだけ目を向けていて、それは果たしてフェアな視点なのか?
何かしら手を差し伸べてあげるべきじゃないのか?少なくともそうしようと努力すべきではないのか?
というこの圧迫感。
この圧迫感で、動く。やむにやまれず、手を差し伸べる。

が、これはただこの圧迫感に引きずられているだけなのだ。言ってしまえば自らが作った思い込みに。

段々書くのが面倒になってきたから端折るけど、
引きずられるのは自己が曖昧だから。
自己が自己であることに安心できないから、いつも周りに引きずられて生きている。
周りに合わせて。
「だって、世間に合わせないと生きていけないじゃないか」
この声が一番厄介な声だと思う。
でもこれは戯言なのだ。極めてもっともらしく思えるだけの戯言。
本当は世間なんてない。あるのは自分の頭の中にある世間という名の概念。
自分で作った概念に引っ張られて自己をお留守にする。

この圧迫感を断ち切る。
勝手にやっておけと見放す。やめさせるのではなく、やらせておく。

ネガティブな感情が出てくるなら、それが出るだけの理由があるのだろうし、
そうして確かに出てきたものを押し込めて無視するのは良くない。
って考えがち。特に僕なんかは心理学をかじったからより一層。
でも、こいつの言うことに耳を傾けてはいけないのだ。
聞かないのではない。聞き流す。
でも、基本的には「お前には用はない」というスタンス。

成仏させるのと同じスタンス(笑)
「君がいつまでもここにいるのは間違っている。だから早く成仏しなさい。
僕は君には用はない」

君がいようといなかろうと、世界は存在している。
君のいる世界も美しいが、君のいない世界も美しい。
だから、無駄なことはもうやめなさい。

ここでなぜ「だから」になるのかの説明が難しいところではあるが。
何をやってもいいのだが、だからこそ無駄なことをしてもしょうがないだろう?というニュアンス。
このスタイリッシュな智慧。
本当の優しさというのはこういう智慧から出てくるものだろう。
引きずられて出させられてるそれは優しさではない。

という風に考えてるんだけど、結局どうなのだろう(笑)
関連記事
人生観 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/27 21:54

余裕

僕が人生を楽しめなくなったのは、日常の欺瞞に気付いたからではなく、
単に精神的に余裕を持てなくなったからに過ぎないのだ。
関連記事
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/13 14:41

こっそり復帰

…さて(笑)
誰も見てないところでこっそり更新。
前回書いたのはなんと2月!1年近く放置していたのか。

更新しなくなったのには理由はない。
しないでおこうと思ったわけではなく、ただいつの間にかしなくなった、という感じ。
なんで更新しなくなったのかについては特に気にしていなかったんだけれども、
最近になってこれが理由かなと思うようになったことはある。

「自分の考えを書く」というこの行為が嫌になったんだろう。
それは、「なんだか気が進まない」という程度の漠然としたものではあったのだけど。

「自分の考えを書きたい」と思って始めたこのブログ。
でも、いつの間にか「自分の考えを書きたくない」というまったく正反対の価値観を持つようになり、
長らく放置する羽目になってしまった。

じゃあ、なんで書きたくなくなったのか――
それが「自分」を生かすことになるから。

この辺についてはちゃんと書きたいと思うけど、どうやら今はあまりそういう気分ではないから、
また今度にしておこう。
書こうとしたけど、あまり整理ができていないことだから、気分が乗らないと書けないみたい。

とりあえずこれだけ書いとこう。
僕はここ最近、この自分というもの、この人生というもの、この世界というものを見限ることにした。
この「自分」という奴、こいつを生かしておいてはいけない。
生命というものをエネルギーとして捉えるなら、この営みはかなりのエネルギーの浪費だろう。

本当のところ、こうやって自分の考えを文章にするということは、
よっぽど気をつけないとその無駄な浪費というやつになる。
事実、多分今なってる。
それでも、一応やめると決断したからなのか、まあいいかなという軽い気持ちで書いてしまった。

更新を怠っていた間、色々考え方が変わったところがあるから、またちょっとずつ書いていこうかなと思う。
(書いてみて改めて実感したけど、なんでこんなに幼い文章しか書けないんだろう…)
関連記事
つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/12 22:10
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。